「真田信繁の書状」直系子孫「真田徹氏」と404年を経ての再会!

さくらゆき新年会

2018年1月13日に立川で開催された、「さくらゆき新年会2018年」(さくらゆき:小栗さくらさんと遠野ゆきさんの女性デュオ歴史系アーティスト)に参加してきました!この会にはさくらゆきファンの方々と、スペシャルゲスト仙台真田家13代の真田徹さん、そしてプライベート参加で歴史学者の平山優さんが参加されました。

この日、予定されていた料理は鶏肉のオイスター炒め、エビチリ、香港バーガー、酢豚、焼きそば、デザート、、、楽しみですね~。そして会場に到着するとテーブルにはビールが並んでいて、「まだかなまだかな」と思っていると、「お料理と乾杯の前にサプライズです!」という展開!

なんと、あの「歯もぬけ、髭も黒いところはほとんどありません」で有名な真田信繁直筆の書状が公開されました!しかも、平山先生の解説付きです!会場は「おおおお~~~!」っと歓声が上がりました。お料理が行き来して汚れてはいけないので、真っ先にこの大イベントが始まりました~

404年を経ての再会!

さくらゆき新年会 信繁書状

そして、真田信繁の直系子孫真田徹さんが404年の時を経て初めてこの書状と対面するという、歴史的瞬間でもありました。真田徹さんが会場におられた事で、この方の遠いおじいさんがあの信繁なのか~、、、と想像していると、真田信繁というなんだか遠い戦国のヒーローと、ちょっぴりお近づきになれた気分になれました。

サプライズはまだまだ続くよ!

さくらゆき新年会 信長の書状

そう、信繁の書状だけではありません、次は信長の書状です。こちらは、鷹匠の所領所有を認める事が書かれていて、信長が鷹匠を厚遇している事がわかる貴重な資料です。右筆(文章の作成・執筆する専門職)の書なので、信長直筆ではありませんが、あの有名な「天下布武」の印判が押されているのです。

終始和やかな会

興奮のオープニングの後は、食事をしながら歓談で穏やかなムードに。皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。最後はファンにはたまらないさくらゆきグッズや歴史グッズを競ってじゃんけん大会。

大いなる謎真田一族なんと、じゃんけん大会で平山先生の著書「大いなる謎 真田一族」をいただいてしまいました~!ヤッタネ!!

桃屋天野さん、ツイッターの掲載許可とお写真のご提供ありがとうございました。

歴史系アーティストさくらゆき、歴史タレント小栗さくら公式HP

オススメの本、雑誌

  • 真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実

    真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実

    諱は「幸村」か「信繁」か。真田丸はどこにあり、どんな形態をしていたのか。実戦経験の乏しい信繁が、なぜ徳川方も称賛するほどの軍功をあげることが出来たのか――真田研究の第一人者が、文書や軍記物、絵図や布陣図ほか数少ない史料を博捜し、真田信繁をめぐる通説・俗説・新説をその根本から再検証。重視され続ける旧来の大坂の陣論や家康謀略論をも問い直し、幾多の謎に包まれた「不思議なる弓取」の実像を解き明かす。
  • 真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年

    真田幸村の系譜 直系子孫が語る四〇〇年

    幸村直系子孫にして仙台真田家13代当主による初の著書! 真田家の400年に亘る歴史を、代々伝わる資料や逸話を元に紹介する1冊。 いまだかつて語られなかった一族の歴史のすべてを明かす!
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立

コメントを残す