NHK大河「女城主直虎」まず、井伊谷(いいのや)の歴史をさかのぼってみましょう。〜平安時代〜

1010年 初代共保が井戸より誕生

共保公出生の井戸

共保公出生の井戸

1010年というと平安時代真っ只中、翌年の1011年には紫式部の源氏物語が完成した年というとイメージがつきやすいでしょうか?この頃に井戸から生まれたという伝説が残る共保公ですがその出生に関して様々な伝説が残っています。

①井戸の側に捨てられていた赤子を和尚さんが拾って育て、その子は志津城主藤原備中守共資の養子となり、藤原共資(京都出身[※1])の娘と結婚して藤原共保を名乗った。②藤原共資が井戸の側に赤子を見つけて育て、後に娘と結婚させた。③当地に荘園の管理者として赴任した三宅好用がこの井戸の側に家を建て、その三代目の井端谷篤茂の娘が藤原共資に嫁いで、共保を生んだ。などがあります。そしてその藤原共保が井伊谷に入り、井伊氏を名乗ったとされています。

どれも伝説なので真偽のほどはわかりませんが、井伊谷の外から来た支配者が井伊谷生まれの共保をリーダーとして現地支配に組み込んだという流れが見て取れます。わざわざ地元の人間を組み込む必要があった事と外部の人間が井伊谷に興味を持っているということを考え合わせると、

  • 井伊谷は押さえておきたい重要な土地である。
  • 部外者が統治しにくいので、地元の人間を組み込んだ。

ということは、井伊谷は重要な街道が通る重要拠点で、気性が荒い難治の土地だったのか?もしかしたら、重要な資源でも採れたのか?などなぜ権力者が井伊谷を欲しがったのか、が気になり始めます。次の記事では当時の街道はどうなっていたのかを調べてみましょう。

出典

おすすめ記事

高崎城

井伊直政築城の高崎城 市街地に残る土塁と堀をめぐる

鴨江城 仁王門

南北朝時代に井伊氏の南を守った鴨江城

oidairajyo

南朝方井伊家最後の砦であった大平城(おいだいらじょう)

千頭峯城

井伊氏西方最大の拠点 千頭峯城は整備良好で見どころ満載の山城

三岳城

遠州でも屈指の眺めが楽しめる三岳城

井伊谷城

波乱に満ちた井伊氏の歴史は井伊谷城(いいのやじょう)と共にあった!

浜松城

徳川家康が17年間過ごした浜松城 小さいけど高低差は面白いよ!

井伊直虎と井伊氏ゆかりの城をめぐる

井伊直虎と井伊氏ゆかりの10城+1をめぐる

お城・遺跡現地説明会一覧

  • 登録されているイベント情報はありません。

最新の記事

TOP