今年も開催、お城EXPO2018!目玉は明智光秀に関する貴重な書状! 

城好きの城好きによる城好きのためのイベント「お城EXPO」。この一大イベントが今年の12月にも開催されることが決定しました。年明け前の連休はお城にどっぷり浸かりましょう!

お城EXPOとは

2016年に第一回が開催され今年で第三回を迎えるお城イベントです。3日間に渡り、お城にまつわる貴重な展示や、お城のスペシャリストによる講演会などが催されます。今年は「天下統一を彩った戦国武将と城」というテーマで特集が組まれていたり、春風亭昇太さんのトークショーの開催が決定していたりと、例年通り城好きにとって垂涎の内容となっており、お城の知識や他の城好き達との交流を深めるのに一役買ってくれること間違いなしです。

10/5よりチケットの前売りが開始しています。事前に購入した方が少しお得ですよ。チケット購入情報は「お城EXPO2018」オフィシャルサイトをご覧くださいね。

明智光秀に関する貴重な資料が初公開!

さて2020年の大河ドラマは明智光秀が主役の「麒麟がくる」となることが決定し話題となりましたが、その明智光秀に関する貴重な史料がお城EXPO2018にて展示されることが発表されました。
この史料は「明智秀満書状」という明智光秀の重臣である明智秀満が坂本城の築城に関して出した書状で、戦国・安土桃山期の城郭の具体的な内装がうかがえる貴重な史料だということです。城ファンの方にはあえて説明する必要もないと思いますが、坂本城は明智光秀によって築かれた琵琶湖の南西に位置していた平城で、ルイス・フロイスの「日本史」において安土城に次ぐ壮麗な城と評されるほどでした。そんな城の内装を知る手掛かりとなる貴重な史料が初公開されるとあっては、城好きならずとも歴史に造詣の深い人なら誰しも心を躍らせてしまうのではないでしょうか。

明智秀満書状

この書状のほかにも「麒麟から悉(ことごと)くー信長と秀吉の天下統一ー」というテーマ展示では戦国期の貴重な史料の数々が限定公開されるようです。この機会にぜひその目に焼き付けましょう。

お城EXPO概要

概要はこちらのページをご覧ください。

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。