NHK大河「真田丸ー第48話 引鉄」次の主戦場は大坂城の南側だ!

真田丸はこの回を入れて後3話、、、大阪夏の陣勃発前となりました。寂しいですね〜。大助まだ若いのに、、、など感慨深く見守っております。さて、大阪冬の陣で豊臣と徳川で結ばれた和睦により、家康は駿府へ秀忠は伏見へ引き上げ、一時期大坂城には平和がやってきます。冬の陣の後、解雇された牢人と豊臣方を見限る者が大坂城を去り、残りの牢人たちのほとんどが、すぐに戦が再開されることを見越して、大坂城に留まります[※2]。大坂城の兵力は約10万から約8万に減少しています[※1](それでも多いですよね)。そして、劇中、徳川と内通していた風の織田有楽斎は大坂城の人々と意見が合わず夏の陣を前に大坂城を退城します。

徳川方は停戦中も戦争準備を進め、豊臣方を再度討つ機会を狙っていました。京都府所司代板倉勝重から大坂で堀や塀の復旧や不穏な動きがあるという報を受けて(この噂を流したのは徳川方との見方もあります。)徳川方は牢人の解雇または秀頼の大和か伊勢への国替えを打診します。淀、大野治長は移封に応じるべきであると主張しましたが、秀頼がこれをはねつけ、徳川方の要求を拒絶。大坂夏の陣の開戦となります。

徳川を迎え撃つための秀頼の戦略

大坂夏の陣

堀を埋め立てられて、裸城となった大坂城でしたが、北側には天然の要害である淀川水系があり、敵はやはり南側に主力を置いてくるだろうと予測されていました。秀頼は、戦場になると見込まれる大坂城南側の「茶臼山(冬の陣では家康の陣)」「岡山(冬の陣では秀忠の陣)」「四天王寺」「阿倍野」「住吉」を実地検分します。秀頼の行列は先鋒に後藤又兵衛と木村重成、兜持ちは毛利勝永、絢爛豪華な秀頼の本隊、後衛に長宗我部盛親と真田幸村、しんがりに大野治房を従え[※3]て行われました。敗戦色濃い夏の陣の前に戦意高揚にも一役かったかもしれません。

この時、大坂城の本丸は大野治長が守り、城の守備は豊臣家の家臣団に担当させています。次の戦では、城の守衛は豊臣家家臣団、野戦は牢人衆であると各部隊の役割のすみ分けをここで明示し[※3]、後の内部紛争になり兼ねない両者の役割を明確にします。戦の経験も無くまだ若い秀頼が、1回の戦の経験だけで、この政治力を発揮するとは、秀頼、長生きしていたら、やばい武将になっていたのは間違いなさそうです。

出典

  • ※1.大坂の陣 – Wikipedia
  • ※2.千田嘉博『真田信繁「勝利」への条件』
  • ※3.笠谷 和比古、黒田 慶一「豊臣大坂城: 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略」

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。