NHK大河「真田丸ー第41話 入城」きりちゃんに怒られたので、九度山を脱出します。だってまだ何も成し遂げてませんから!

前回の真田丸では、うざキャラだったきりちゃんが、おばさんへと成長し、信繁に説教する名シーンが印象的でしたね。信繁目線でストーリーが進むため、一般的な歴史の重要ポイントをさらっとスルーしてきた真田丸ですが、見事にポイント押さえておさらいしてくれました。小田原討伐で黒田官兵衛が影も形も登場しなかったのも衝撃的でしたね。きりちゃんの「なんちゃら官兵衛さま」で仕上げて来るあたりさすがです。ドラマでは、最初は「大坂には行かなーい」と言っていた信繁ですが、実際のところどうだったのでしょうか?

九度山真田庵(現善名称院)本堂関ヶ原の合戦から14年という歳月を九度山で過ごした真田信繁が、いよいよ、九度山を抜け出し、大坂城に入城します。「真武内伝追加」には信繁は兵法書を読み、兵術、弓、鉄砲の鍛錬をしていた様子が記されています。「武将感状記」には、父昌幸が「豊臣と徳川は必ずぶつかる」と語ったとされていますが、その言葉を固く信じて待っていたということでしょうか。


九度山記事
真田信繁(幸村)が14年幽閉されていた九度山は真田愛に満ちた町だった。


監視の目を盗み九度山脱出

九度山真田の抜け穴九度山を脱出した日、信繁は村人を招いて宴を開き、全員が酔いつぶれたあと、村人が乗ってきた馬に乗って脱出したとされています。村を挙げての狂言と取れなくもないですね。また、監視役であった領主浅野長晟(あさのながあきら)はもともと豊臣恩顧の武将で、信繁に同情的であったため、わざと見逃したのではないかという話もあります。(…どうでしょうそんな危ないことしますかね?)

信繁が脱出したとき、地元の領民を多数従えていたとされています。こう聞くと、鍬を片手の農民を想像するかもしれませんが、和歌山は、織田信長と十年におよぶ石山合戦で戦った鉄砲を得意とした傭兵集団であった雑賀衆(さいかしゅう)を生み出し、反骨精神旺盛な人々が多い土地柄です。信繁の手勢は、雑賀衆や、戦国の時代に敗れ去り再起を望んでいた人々が、昌幸、信繁親子を間近に見ながら、魅了されて付き従うようになった精鋭部隊だったのかもしれませんね。


豊臣包囲網が整いましたので、豊臣を攻めます


オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。