NHK大河「真田丸ー第35話 犬伏 」今回で、仲睦まじい親子の姿は見納め。

前回34話では、徳川家康が「直江状」に激怒し、会津討伐を決意しそうなところで、ドラマが終わりました。前田玄以や長束正家が会津討伐の中止を嘆願しますが、家康は聞き入れず、徳川軍は江戸に入り戦支度を始めます。京都から家康がいなくなったその隙に三成が五大老の一人であった毛利輝元を総大将に据え挙兵します。それをまだ知らない徳川家康は、江戸城から会津へ出陣しますが、急使により三成らの挙兵を知ることとなります。家康は、会津討伐を中止し、上杉景勝に対しては結城秀康(家康の息子)の軍勢を抑えとして残し西へ軍隊を反転させます。会津討伐が関ヶ原の合戦の発端になり、日本を二分した大戦争に発展します。

上杉景勝と伊達政宗が衝突

上杉景勝は徳川軍が西に引き返した後、最上家へ直江兼続、前田慶次を差し向けて攻撃をしかけます。伊達家が最上家の救援へ向かい、両者の戦いは一進一退の攻防へと発展します。徳川軍の背後を上杉につかせぬよう、見事足止めできた事になります。

家康についた大名の家族は人質に

細川邸の井戸 越中井
細川邸の井戸 越中井
大坂城下には大名の家族が有事の際の人質となるため居住していますが、三成は各大名屋敷の人質の身柄を抑えるために動きます。加藤清正夫人や黒田長政夫人は大阪を脱出しますが、細川忠興の妻、細川ガラシャは屋敷に火を放って死を選びます。ガラシャを死に追いやった事で、会津征伐に従軍していた諸大名の逆に結束を深めることとなります。

三成の挙兵を知った真田家

会津討伐に参加し、下野国犬伏(しもつけのくにいぬぶせ)まで進軍していた真田昌幸が途中三成挙兵の報を受けます。宇都宮まで進軍していた信幸を呼び、親子での話し合いが設けられます。どちらが勝つかわからない状況の中、家の存続のため親子が豊臣方と徳川方に分かれることになります。真田昌幸と信幸、信繁親子が一緒にドラマに登場するのは見納めになります。(悲しすぎる!!)

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。