NHK大河「真田丸ー第22話 裁定」沼田城ってどういう経緯で真田の城になったのか復習してみる。

沼田城の石垣

真田の城になる前の沼田城

1569年に沼田城主であった沼田朝憲がお家騒動のため暗殺され、沼田城は城主を失います。その後は、沼田を抑えていた上杉謙信の属城となります。

上杉謙信が急死し、上杉景勝(長尾家からの養子)と上杉景虎(北条家からの養子)の跡目争い「御館の乱(おたてのらん)」が勃発します。沼田城も長尾vs北条で対立、北条の軍勢が沼田城を落とします。しかし、御館の乱に敗れた景虎が自刃してしまい、沼田城の北条を動揺させます。

真田昌幸が沼田城を調略

武田勝頼に、上野(こうずけ)攻略を命じられていた真田昌幸は、この混乱に乗じ、沼田城の藤田信吉と金子泰清を調略します。昌幸は1580年に、沼田城を手中に収めるのに成功します。1581年にお家騒動の末会津に逃亡していた沼田景義(沼田朝憲の兄弟)が挙兵し、沼田城奪還に動きます。真田昌幸の策略で、沼田城におびき寄せられた沼田景義は城内で誅殺されます。

主家を失った真田は織田へ従属

真田昌幸は、武田家が滅亡してからは織田信長の臣下に下り、沼田城は滝川一益の所領となりますが、信長が暗殺された後は、昌幸が沼田城を取り戻します。その後は、北条の執拗な攻撃を受けますが、昌幸の叔父で城代の矢沢頼綱が守り抜きます。

沼田城城主の変せん

沼田氏→上杉氏→北条氏→真田氏

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。