NHK大河「真田丸ー第21話 戦端」沼田城への固執が北条の滅亡を招いたのか?

大坂編になってから、毎度、後味が悪いエピソードが続いていますが、21話から中心が真田の領地に移ります。楽しみですね!

北条は沼田城に固執

天下統一を目前にした秀吉はまだ従わない大名達に出仕するように求めます。この時点で秀吉に従っていないのは、伊達政宗と北条のみ。豊臣政権にとって関東を占める北条の出仕は非常に重要だったのではないでしょうか。関東の北条氏は出仕する代わりに利根、吾妻地域(沼田周辺)の支配権を要求します。北条からの度重なる攻撃を凌ぎ、徳川の大軍を退けて守り続けた沼田城を渡せと言われて、昌幸は素直に従うのでしょうか。(秀吉にしてみれば、真田の様な小大名より大大名北条の出仕の方が大切と見なしそうですが、、、)

秀吉と昌幸の罠なのか?

真田丸名胡桃城沼田城境界紛争地図

これを受け真田昌幸は先祖の墓があるので名胡桃城は渡せませんと応えたと言われます。秀吉は名胡桃城(なぐるみじょう)のある利根川の西側を真田領、沼田城のある東側を北条領と定めます。名胡桃城はもともと、沼田城を攻略する為に築かれた城で重要度は沼田城よりかなり低いのに、昌幸はなぜか名胡桃城を選びます。これは、昌幸によって仕掛けられた罠の匂いがプンプンです!

名胡桃城は北条ホイホイですか?

北条側の沼田城代(城主の代わりに城を管理する人)猪俣邦憲が名胡桃城を攻撃して、占拠してしまいます。これは、敵を挑発して自分の陣地に誘い込む昌幸の戦法のように見えますね。北条の攻撃は、秀吉の「関東奥惣無事令」に違反します。これがきっかけとなり秀吉の北条討伐に発展し、結果的に北条は滅亡します。昌幸は敵に回したらヤバいですよね、、、

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。