NHK大河「真田丸ー第18話 上洛」真田昌幸いよいよ上洛、豊臣秀吉に謁見。秀吉は真田が好き★

18話では、真田昌幸が上洛する事となります。ドラマでは昌幸が上洛を渋っているという筋書きになっていますが、昌幸は自ら、景勝から秀吉に鞍替えすべく、信繁を呼び戻し、秀吉の元に人質として送っています。昌幸と秀吉の関係は良好で、天正13年には秀吉が昌幸の進退を請け負うと書状を出す程の関係性となっていました。

真田を救う秀吉の手腕が鮮やか過ぎる

真田丸謁見徳川が上田城の攻撃に失敗した後、長期戦の動きを見せていましたが、重臣石川和正が秀吉に懐柔され裏切ります。これにより徳川軍が撤退。秀吉の援軍は送られて来ませんでしたが、真田は秀吉の動きにより助けられます。さらに、17話で描かれていましたが、徳川家康が天正14年10月に秀吉に臣従します。この頃徳川の軍勢が上田城に迫り、真田家は万事休すのピンチでしたが、秀吉の取りなしで両者の対立は解消されます。秀吉は真田が対立する勢力と事を構える事無く、真田が滅びずに済むよう援助している印象を受けますね。

真田は秀吉のお気に入り?

秀吉に臣従した家康は信濃の領有を認められ、信濃の国衆は家康の指揮下に配属されます。真田家も家康の与力(力のある武将に配属された下級武士)として配属されますが、実質的には、秀吉の直臣として扱われる事になり、信繁も人質としてではなく、家臣として秀吉の側に置かれます。真田家とは対照的に、他の信濃の国衆で秀吉に臣従した小笠原貞慶と木曾義昌は家康の家臣として扱われ、関東に移封され所領はほぼ半減という憂き目に遭います。

秀吉の天下取り、残りは、九州の島津義久、奥州の伊達政宗、関東の北条父子のみとなります。今後、真田の執念の城沼田城が北条の命運に大きく絡む事となります。

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。