NHK大河「真田丸ー第17話 再会」秀吉があの手この手で家康に上洛を要求

竹林院16話では茶々に気に入られて困っていた信繁ですが、真田の危機を悟った信繁が、ラストで「この女を利用してやろう」的な表情で茶々を凝視していましたね。策士信繁はどんな手で、故郷の真田家を守るのでしょうか。かたや秀吉は、天下を盤石なものとするために、妹・旭を使って家康に対し策を弄します。この旭(朝日姫)は一体どういう女性なのでしょうか。少し説明してみましょう。

旭は豊臣秀吉の異父妹(同父妹という説もある)である女性です。当時秀吉は、織田家筆頭家老であった柴田勝家をさくっと下し、織田家の主導権を自分のものにしましたが、老獪な徳川家康には苦戦します。そこで秀吉が家康を懐柔するためにとった手段の一つが政略結婚でした。天正14年(1586年)秀吉は、旭が当時すでに結婚していたにもかかわらず強制的に離縁させて、家康と結婚させてしまいます。当時、家康は45歳、旭は44歳でした。他にも秀吉は実母である大政所を家康の人質とするなど策を弄して、根負けした家康はようやく上洛することとなります。

お兄さんの秀吉の手札として良いように使われ続けた旭ですが、家康の元でも休まる事はなく、嫁いでわずか2年後には別居し、4年後には病気のために亡くなってしまいます。政略結婚は、当時の武家の女性としては当然の事とはいえ、もともと旭は農家の女の子ですから、お兄さんの秀吉の天下取りによって人生を翻弄された一人といえるのではないでしょうか。

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。