NHK大河「真田丸ー第9話駆引」若神子の戦い、北条vs徳川の陰でうごめく国衆が見所!

真田丸 若神子の戦

今回は、北条が上杉と交戦中ということで徳川が動き始めます。武田の滅亡後も関東甲信越は常に三つ巴の権力構造を維持するのですね〜。

上杉と講和し、北条は徳川と衝突

調略した海津城の春日信達が処刑された事で上杉との戦をあきらめた北条氏直軍は、信濃の分割統治で上杉と和睦し、7月19日に川中島から撤退します。同じ頃、徳川の先陣が諏訪頼忠の高島城を攻めますが諏訪氏の援軍要請を受け北条氏直軍が南下したため、徳川の先陣は兵を引いて若神子城で北条軍と対峙します。軍勢の数は諸説あるようですが、徳川は1万、北条は4万で数の上では北条軍の圧倒的優位でした。

北条の敗北で、形勢逆転

徳川軍の背後を突くべく北条氏忠(氏直の叔父)が進軍、黒駒で徳川軍と合戦になりますが徳川軍の勝利となります。この黒駒の敗戦を機に北条軍の士気は下がり、有力な国衆が立て続けに徳川に寝返ります。

徳川家康から木曾、安曇、筑摩の安堵を約束された木曾義昌は信濃国衆の人質を引き渡し8月下旬徳川に寝返ります。そして、徳川方として旧武田家臣の調略に動いていた依田信蕃(よだのぶしげ)の説得により、真田昌幸も9月中旬、徳川に寝返ります。沼田城は一度北条に奪われますが真田軍が奪還し、支城を落とされながらも沼田城を守り抜きます。信濃に強い影響力を持つ2人の国衆を味方につけたことで、信濃での戦は徳川にとって有利に運びます。

北条の大軍は補給を断たれ意気消沈

真田昌幸は北条軍の補給ルートである碓氷峠を攻め、依田信蕃は補給部隊へゲリラ攻撃をしかけます。これにより北条の大軍は補給が困難になります。10月29日、冬も差し迫った事で、北条は徳川と講和し若神子の戦いは終結します。

北条はどうしても沼田が欲しい

北条が上野(こうずけ)、徳川が信濃、甲斐ということで講和をします。上野は真田昌幸の岩櫃城・沼田城も含まれるため、昌幸にとっては厳しいものでした。しかしながら、北条、徳川間でごちゃごちゃが続き沼田割譲は進まず、しばらくは真田昌幸が沼田城の支配を継続します。この後、昌幸は、徳川の資金援助により、対上杉の最前線となる場所に上田城を築城する事になります。

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。