NHK大河「真田丸ー第8話調略」空いたので入居してみた海津城 by 景勝

素敵なジェントルマン滝川一益が撤退した後の信濃は大混乱でした。各地を治めていた織田方の武将達は、逃げたり殺されたり大変な目に遭っています。北信濃を治めていた森長可も海津城(松代城)を捨てて逃げています。この海津城は、かの有名な川中島の合戦で大活躍したお城で、もともとは武田信玄が川中島の合戦のために築城したとされるお城です。森長可の撤退で、空白地帯になった海津城に上杉景勝がしれっと入りそのまま制圧してしまいます。

千曲川と信濃のお城

真田丸 海津城と千曲川

信濃のお城を語るに無視できないのが千曲川です。流域には海津城をはじめとした歴史的に重要かつ有名なお城が複数存在しています。海津城も千曲川の流域に築城されたお城です。今は流れが変わっていますが戦国当時はお城のすぐ脇を流れていました。

景勝が北信濃に来た!

上杉が侵攻してきたわけですが、地元の領主は上杉か北条どちらの勢力が優勢か判断しなければなりませんでした。謙信の跡目争い「御館の乱」と信長との交戦で疲弊して弱体化した上杉につく国衆がいる訳もなく、皆さまこぞって北条についたわけです。

北条も川中島欲しいの巻

北条の本領からちょっと離れているけど、川中島は取るしか無いでしょ!!北条もすかさず動きます。北信濃の国衆を取り込んで、上杉と一戦交えるため北上の動きを見せます。とはいえ、むやみに攻めても損害が出るので調略も同時に行っていました。

北条の調略と春日信達

春日信達(高坂昌元)は武田家の家臣で武田と上杉の外交を取り持っていた人物です。武田氏滅亡後は森長可に帰属していましたが、信長の死後、森長可を襲って撤退を妨げました。ブチ切れた長可は裏切った国衆の人質を殺してから撤退しています。信達はその後、上杉家に仕えていましたが真田昌幸、北条と内通したことが景勝にバレて殺されてしまいます。ちなみに、のちに川中島の藩主になった森長可の弟によって、信達の一族は探し出されて皆殺しにされています。

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。