NHK大河「真田丸ー第7話奪回」次は、やっと神流川の戦いかな?!

最近、猛烈な低速度で進む真田丸。ややこしい時勢を描くため視聴者を混乱させないためにスピード落としているのかな?そして、次は確実に神流川の合戦が主軸となりますよね!本能寺の変から約1ヶ月の短期間で、日本トップクラスのエリートだった滝川一益がまさかの失墜。本能寺の変から時系列で、一益と世の中の動きをたどってみました。

神流川(かんながわ)の戦いと滝川一益の逃避行

真田丸 神流川の戦い

① 6月13日 山崎の戦い

豊臣(羽柴)秀吉が織田信長の敵討ちと称して、明智光秀を打ち負かしました。明智光秀は逃走しますが、敗走途中に打ち取られます。これによって、豊臣(羽柴)秀吉が、織田家中での主導権を握ります。

② 6月13日 沼田城の反乱

滝川一益に仕えていた藤田信吉が上杉方と通じて、沼田城を攻撃します。水曲輪を乗っ取りますが、滝川軍2万が北上してきたので、沼田城攻略をあきらめ越後(上杉領)に逃げます。

③ 6月16〜19日 神流川の戦い

信長の死が確定事項となるや、北条軍は5万の兵を上野へ向け北上させます。滝川一益は1万8千の軍勢で進軍します。初日は滝川軍の勝利となりますが、北条の本隊が到着し、武田の旧臣であった上州衆はモチベーションが低過ぎて役に立たず、滝川軍は玉砕します。

④ 6月20日 箕輪城へ

滝川一益は、厩橋城の長昌寺で戦没者の供養をした後(なんですぐ逃げないのか?!)、箕輪城へ移動します。ここで、上州衆と別れの宴(緊急時代でも礼を尽くすということ?)を催して翌日小諸城へ出立します。

⑤ 6月21日 小諸城へ

滝川一益は、佐久・小県の人質を伴って、箕輪城から碓氷峠を越えて小諸城へ。本拠地である伊勢長島城へのルートを阻む木曾氏に佐久・小県の人質を渡す変わりに通行させてもらう約束をします。

⑥ 6月27日 清洲会議

織田四天王の一人であった滝川一益を抜いて、今後の織田家の方針を決める会議が催されました。ここで、豊臣(羽柴)秀吉が担ぐ、織田信忠の嫡男である三法師(織田信長の孫)が織田家の家督を相続する事が決定します。

⑦ 6月28日 木曾福島城

滝川一益は、佐久・小県の人質を木曾義昌に引き渡し、木曾谷を無事通過し織田領である美濃へ入ります。

⑧ 清洲城へ立ち寄る

伊勢長島城へ帰る途中、清洲城へ立ち寄り三法師に拝礼します。

⑨ 7月1日 伊勢長島城に帰還

滝川一益は無事に帰還するものの、織田家での地位は急落します。

大混乱のその他の織田勢

南信濃を治めていた毛利長秀は領地を放棄して尾張へ逃亡、甲斐の河尻秀隆は武田旧臣に殺害されます。北信濃を治めていた森長可も出浦盛清以外全員の信濃国衆に裏切られ、領地を放棄して美濃へ逃亡します。長可は逃亡を助けてくれた出浦に感謝し、脇差しを与えています。途中、木曾義昌に命を狙われますが義昌の息子岩松丸の身柄を拘束して、逆に逃亡の手助けをさせ無事に領地に帰還します。

滝川一益はちゃんとしすぎ?

弱小大名から成り上がった戦国武将の多くは、ものすごいスピードで決断したり、裏切ったりしますが、滝川一益はちょっとおっとりしている印象ですね。大河ドラマでも、めっちゃおっとりして、信長が死んだ事を知らずに「どこかいい温泉地ない?」って聞いてましたね(笑)。律儀で真面目で良い人な気がしますが、生き馬の目を抜く戦国の世では淘汰されてしまいそうです。滝川さん頑張って!

オススメの本、雑誌

  • 長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    主家の再興に賭けた人生! 戦国乱世の中で、武田信玄・北条氏康を翻弄した「上州の大鷹」。 業政の没後、迫り来る武田軍の前に居城箕輪城の運命は! ?
  • 業政駈ける(小説)

    業政駈ける(小説)

    西上野の地侍たちから盟主と仰がれ、信義あふれる心で上杉謙信をも動かした知将、箕輪城主・長野業政。一切の利欲を捨て、国を豊かにし、民の暮らしを守る―。滅亡の危機に瀕しながらも、その鬼謀と胆力をもって武田軍の侵攻を退け続けた男は、関東をただす義の戦におのれの最後を賭す。河越夜戦で逝った息子への誓いと上州侍の誇りを胸に、戦国乱世を疾駆し、強大な者の理不尽に敢然と立ち向かった気骨の生涯を描く!
  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!