NHK大河「真田丸ー第4話挑戦」を見る前に激変している勢力図をアップデートしてみた。

前回までのお話では、真田家が雇い主の超大企業の武田家が倒産したので、零細企業に戻ってしまった経緯が描かれていました。領地に戻った真田昌幸はこれから、独力で生き残っていかなければなりません。とはいえ、小さい勢力が有利な条件を保ちつつ生き残るのはほぼ不可能と思われる状況です。劇中、小県群(ちいさがたぐん)の領主が集まって社長の寄り合いみたいな会合をやっていましたが、全員社長なので方向性バラバラでまとめるのも大変そうでした。織田信長がすぐそこまで迫っている中で、戦々恐々とした状況だったと思われます。真田昌幸さんは根回しも策略も他の社長と比べると何枚も上手の印象の第3話でしたね。

1582年の桜が咲く頃の勢力図はどうなったの?

真田丸-1582年頃勢力図4月頃

織田軍が破竹の勢いで侵攻しているので、信濃の勢力図は大幅に変化しています。旧武田領はほぼ織田勢の手中にあります。小県郡は風前の灯火です。(3話では室賀の領民が山が燃やされて、真田領に薪を盗みに来ていましたが、戦火はそこまで来ているのですね〜)ここまでの甲州征伐は織田信忠(信長の息子)が大将で進めていましたが、春には織田信長がとうとう信州方面まで出てきます。ここで、真田昌幸と会うという展開です。

真田昌幸・信繁(幸村)親子、信長に会うために諏訪へ

前話の最後に、真田昌幸と信繁は信長に謁見するために諏訪に出立しました。諏訪ということは「法華寺」がメインで4話は展開しそうですね。ここでの重要なシーンは信長にボコボコにしばかれている明智光秀です。この後、信長は京都の本能寺で明智光秀にあれされることになります。あれですあれ!真田家にとっては、はた迷惑な話ですよ!

徳川家康は三方ヶ原の戦いで武田に惨敗している

Mikatagaharasenekizou
真田昌幸と信繁が、この後何度も戦火を交える宿敵である徳川家康はドラマの構成上ここで絡む予定のようです。1572年(ドラマの10年前)の三方ヶ原の戦いにて徳川家康は武田信玄に散々に打ちのめされて、這々の体で逃げます。そう、うんこもらしながら。なので、昌幸の目線では家康は弱いやつと映っているはずです。(昌幸はうんこの件知らないかもねw)家康は、敗戦の戒めとして徳川家康三方ヶ原戦役画像(通称「顰像(しかみぞう)」)を描かせたと言われています。(図)

同盟には人質が必要

真田丸安土城の位置

織田家との同盟には人質が必要です。真田家の誰かが安土に人質として送られることになりそうです。「安土になど行きとうない!」って予告編で言ってた人だろうね。

さて、余談ですが長男信之の嫁が気になったので調べてみたら、真田信綱(昌幸の兄)の娘を正室として迎えていたようです。信之にとっては従妹ですね。今後、有名なあの女性が登場しますが、この正室はそのときどうなるのでしょうねぇ。

関連リンク

家康の黒歴史「しかみ像」がまさかの立体化!しかも等身大フルカラー

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。