NHK大河「真田丸ー第2話決断」の勢力図をちょっと説明しようと思ったら、長くなった、、、

先週の真田丸第1話は、とても面白かったですねー
オープニングも岩櫃城から松代城備中松山城(松本城も登場しているという噂も耳にしたよ!)、上田城からの壮大な魚鱗(ぎょりん)の陣形で突き進む赤備えの騎馬隊とかたまらんすね☆(家康さん三方ヶ原の戦いのトラウマ喚起ですな〜)
今回の大河ドラマは歴史に詳しくない人でも結構分かりやすかったのではないでしょうか。
武田勝頼の可哀想さは半端無く視聴者の涙を誘いましたねー。岩櫃城行った方がいいよ!ってみんなテレビに話しかけたのではないでしょうか?終わったとたん、次の放送が待ち遠しいです。

真田家のみなさんが現在移動中の甲斐から吾妻にかけての地域の勢力図。

真田丸-1582年頃勢力図
ドラマだと一瞬で消えちゃうので覚えてられないですよね?という事で、適当な地図を描いておきますね。もともと、吾妻地域は武田家が支配する前から不安定で(裏を返せば人の流通上とても重要な場所)各勢力、小さな山城を取りつ取られつしながらやって来た土地です。この辺りの勢力といえば、「武田氏」「上杉氏」「北条氏」でした。武田氏滅亡によりこのパワーバランスが大きく崩れ、吾妻地方は激しい動乱に巻き込まれて行く事になります。(あと、新府城から岩櫃城、岩殿城の位置関係もわからなかったので、地図に場所をいれておきました。)

前回の放送のエンディングで登場した次のキーパーソンズ「徳川家康」「上杉景勝」「北条氏政」のこの3人。徳川家康以外は、歴史好きでなければ「誰?」ってなりそうだなと思いましてちょっと説明しとこうと思います。この3名は今年の大河ドラマで真田家とずっと絡み合う重要な人々です。

上杉景勝って誰?謙信じゃないの?

上杉家紋上杉と言えば謙信が有名ですが、大河に登場したのはなぜか景勝っていうおじさんでしたね。ドラマの時代では、4年前上杉謙信は49歳で急にお亡くなりになっています。その後、血で血を洗う家督相続争いを勝ち抜いて当主になった人が景勝です。上杉家というと武田家と敵対しているというイメージですが、織田家が勢力を拡大して来た頃には同盟関係にありました。武田家の滅亡は上杉家にとってもかなり痛い出来事だったのです。居城は春日山城です。

1話の最後の北条氏政ってお茶漬け食べてたの?

北条家紋みんなかっこ良く描かれてるのに、あからさまにいけてない感じで登場した北条氏政さん。お茶漬けでも食べてるの?って感じですが、戦国時代にお茶漬けとか無いですから、あれは、北条氏政がお父さんに「ご飯にかけるお汁の分量も計れないやつが当主じゃ北条も滅亡するな」って言われた逸話がベースのシーンですね。この氏政、さんざんな言われようなのですが後世の創作でネガティブなイメージをつけられてしまったお殿様です。居城は小田原城です。

織田勢が攻めて来たって言ってるのに、なんで徳川家康なの?

徳川家紋織田家の下請け徳川家康は織田信長の命令を受けて信濃と吾妻を攻めていきます。なので織田チームの徳川君なのですが、織田家没落、豊臣滅亡の後もずーっと真田と関わり続ける予定の人です。この人は有名なのでそんなに説明いらないかな?徳川家康はイライラすると爪を噛むというエピソードがあります。この頃の居城は浜松城です。

武田の後ろ盾を無くした真田家はどう生き延びるのか?

真田丸武田滅亡後
巨大な領地を所有していた武田が滅亡してしまったら、みんな一斉に襲いかかる事は明白ですね。怖いー!!
「上杉」「北条」「徳川」どれと手を組むか?地図を見る限り距離的に上杉と組むのが良さそうですよね?真田昌幸は知恵を巡らせて真田家の生き残りを図ります。あっち付いたり、こっち付いたりしますのでお楽しみにw

関連リンク

NHK大河ドラマ「真田丸」

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。

6 件のコメント

  1. 野澤 正

    NHK大河ドラマ「真田丸」を、より楽しむ為に、地勢的関係を調べて、貴サイトに着きました。昭和18年生まれで、戦後目撃体験を基に、ブログ夢想花を、毎日、発信しています。
    アドレスは、 http://poeny.shiga-saku.net/ で、イジメを無くそう! をお訴えし、健康情報、音楽、ボランティア活動なども、
    お伝えしています。ぜひ、見て頂ければ、嬉しいです。
    よろしくお願いします。~_~;

    • とむしゅがぁ 投稿者

      コメントありがとうございます。
      真田丸関連の記事は毎週書く予定にしております。引き続きよろしくお願いします!ブログ「夢想花」更新頑張ってくださいね。

  2. とむしゅがぁ様
    はじめまして。こんばんは。

    歴史に興味の無かった自分が「真田丸」を見て完全に信繁になった気分でハマってます。そんな中、こちらのサイトに辿り着いてさらに面白さが倍増しています。
    毎回、楽しく拝見させて頂いています。分かり易く、楽しく、新しい記事が楽しみでなりません。勉強にもなり、何度読んでも飽きません。ありがとうございます。
    今後も楽しみにしております。
    長文失礼しました。

    今は城めぐりではなく、城跡めぐりにハマってます。

    • とむしゅがぁ 投稿者

      コメントありがとうございます!
      真田丸面白いですよね〜。しかも、私の記事を楽しみにしてくださっているなんて、励みになります!!
      この頃、大坂編書くこと無いし、真田丸記事大変だから、やめようかなーなんてこの頃考えていましたが、頑張ることにしますね〜。

      城跡めぐりのことを城めぐりというのだと思いますよ〜、まぁ、城行ってきた!と言って、堀と土塁のシャメ見せてもみんな、ドン引きですけどね(笑)
      これから、どんどん城の面白さのとりこになっていってください。そして、城変態になってください(笑)

      • お返事ありがとうございます!!!
        とても嬉しいです。

        城めぐり…城跡めぐり…そう!!そうです!!堀や土塁にロマンを感じるんです。ここにあったのか…と思うだけでゾクゾクします。いっそ、その時代にタイムスリップしたいくらいです。
        熱くその時代を駆け抜けた偉人たちの生き様は、本当に「生きる」を教えてくれてる気がします。
        この前、古銭の永楽通宝を6枚手に入れ、六文銭として御守りにしています。
        そんな真田丸かぶれですが、これからも記事を楽しみしています。
        どうぞ宜しくお願い致します。

        • とむしゅがぁ 投稿者

          >ここにあったのか…と思うだけでゾクゾクします。
          わかりますw
          すでに、城変態なんですねw!
          真田丸きっかけで、城や歴史の面白さにはまっていってくださいね〜

          うちのサイトでは、マイナーであまり知られていないお城を紹介することが多いですが、そんなお城にも興味を持っていただけると嬉しいです!

コメントは受け付けていません。