NHK大河「真田丸ー第1話船出」を見る前に知っとくと分かりやすい事をまとめてみた。

歴史の事前知識がないと大河ドラマって分かりにくいでしょ?歴史あんまり詳しくないという人でも分かりやすいように、現代の会社に見立てて真田信繁が生きた戦国時代をさらっと説明してみましょう☆

真田信繁(幸村)のおじいちゃんの苦労話

真田幸隆さん入社動機

1541年頃、真田信繁(幸村)のおじいちゃん真田幸隆は戦に敗れて浪人状態になります。この頃、幸隆は28歳くらい。養わないといけない家族もいますから大変ですね。33歳頃に武田氏の配下に入りますが、この頃はアルバイトみたいなものだったと思われます。ですが、頭が良いので武田信玄が苦労して落とせなかった戸石城を、調略で落とします。当然ながら出世してエリアマネージャーくらいになります。このすぐ後、家督を息子の真田昌幸(信繁のお父さん)に譲って引退します。

真田さんのピークは戦国時代の終わり頃★

信長さんたち

武田信玄と上杉謙信は強大な力を持つ支配者でした。つぶれそうにない巨大企業みたいなものです。それに比べて、織田家は弱小ベンチャー企業みたいなものでした。財力も武力も何もかも歯が立たないように思われた巨大な勢力でしたが、織田信長は破竹の勢いで勢力を広げて行きます。織田家の家臣、豊臣秀吉(猿)はこの後天下をとり、長生きレースに勝ち残った徳川家康が秀吉の後の天下を治める立場になります。

若殿には荷が重過ぎたよね、、、武田家は滅亡

若社長の憂い

武田信玄が病没したので、そのあとを勝頼が継ぎます。しかし、信玄が亡くなった好機に攻めに転じて来た織田信長が武田家討伐に動き始めます。この頃重臣に出世していた真田昌幸は勝頼の為に岩櫃城に御殿を建てて迎えようとしますが、勝頼は逃亡途中自害して果ててしまいます。就職先の大企業が倒産してしまったようなものなので、ここから真田家の苦難が始まります。この時、真田信繁(幸村)は中学生くらいです。

真田家のみなさんは、武田家時代に勝ち取ったお城と領地を独力で守って行かないといけません。これから戦国の荒波にもまれながらたくましく生き残って行くわけです。真田丸の1話は武田家滅亡からスタートするようなので、岩櫃城が登場するでしょうね〜!

関連リンク

NHK大河ドラマ「真田丸」

オススメの本、雑誌

  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!
  • 真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    「関ヶ原の戦い」後、14年間の蟄居を経て、ついに大坂城入りする信繁(幸村)。最後の砦「真田丸」には家康打倒の秘策が隠されていた! [配役紹介+インタビュー]、「大泉洋×星野源対談]、ドラマに登場する真田丸(砦)の城郭考証・千田嘉博氏と行く[真田丸探訪]、[あらすじ]など、クライマックスへと向かうドラマの見所が満載。
  • 真田一族巡礼の旅ガイド

    真田一族巡礼の旅ガイド

    昌幸・信之・信繁の真田一族3人が真田家の歴史について語りながら、 真田ゆかりの由来の地を紹介するという新感覚ガイド本。 上田や松代はもちろん、幽閉された九度山、決戦の地である大坂城周辺、幸村の子孫が住んだ白石・蔵王まで。 真田家のルーツから明治維新までの史跡を完全網羅。 3人の掛け合いも読みどころ! 2016年大河「真田丸」のおともにも最適。