NHK大河「おんな城主直虎」今川のラスボス!いや、本体か?!今川氏4代を支えた寿桂尼

寿桂尼

「おんな城主直虎」で今川家の影の支配者として描かれている寿桂尼は、今川氏親の正室として、名家の家格を有する公家である中御門家(なかのみかどけ)から輿入れします。後世に名前は伝わっておらず、夫の死後、彼女が出家してからの法名「瑞光院寿桂尼」のみが伝わります。この寿桂尼が今川家の政治に参画するようになるのは、夫である氏親が病で政務が困難になったため、その補佐として政務を執り行うようになってからです。氏親の死後は、後継者であった息子の氏輝がまだ14歳だったため、大人になるまでの2年間、寿桂尼が自身の印判を用いて印判状を発給しています。現在、確認されている、寿桂尼の発給文章は25通あり、その中でも息子氏輝の補佐時代の文章は13通に登ります。ところが、天文5年(1536年)長男氏輝が死亡し、出家していた義元が還俗し今川家の家督を相続します。

白塗り、お歯黒、蹴鞠大名だけど実は骨太大名の今川義元

義元は家督相続争いを制し今川家の当主となります。抗争状態にあった武田氏と同盟を結んだことで、武田氏との抗争がひと段落したかと思ったら、それが盟友であった北条氏の機嫌を損ない北条氏と抗争状態になります。天文23年(1554年)にようやく、武田氏、北条氏、今川氏間の3家で婚姻関係を結び三国同盟を締結します。波乱含みのスタートでしたが、これでようやく、本腰を入れて、領土を西へ拡大することができることとなり、三河、尾張へ向け侵攻を開始します。「おんな城主直虎」で描かれていた、氏親が定めた法律「今川仮名目録」(編纂に寿桂尼も関わったと考えられています。)に書き加え、室町幕府が定めた「守護使不入地の廃止」を宣言し、室町幕府の特権を否定します。室町幕府から任命された守護大名であった今川氏が、幕府から独立し自らの力で両国を支配する戦国大名であると明確に意思表示したことになります。

寿桂尼の終焉が今川氏の終焉だった

永禄元年(1558年)義元は息子の氏真に家督を譲り、三河の運営と西への侵攻へ集中しはじめます。問題も解決して、イケイケムードだった今川氏は桶狭間の合戦で、余裕で勝てるはずだった織田信長の奇襲を受けて、義元は戦死、大敗北を喫した事を機に、没落への道に滑り落ちはじめます。しかし、今川氏は一時危機的な状況に陥ったものの、持ち直します。やはり寿桂尼が舵取りをしていたおかげでしょうか。氏親、氏輝、義元、氏真の4代に渡り今川家を支えてきた寿桂尼がついに、永禄11年(1568年)に帰らぬ人となります。彼女の死をきっかけに武田氏との同盟関係は手切れとなり、武田氏は今川領へ侵攻し始めます。氏真は遠江に亡命し徳川家康に降伏。戦国大名としての今川氏は滅びます。

武田氏が今川領へ侵攻を始めた事で、直虎の井伊谷も戦乱に巻き込まれていく事となり、井伊家はさらなる苦難の時代へと突入する事となります。

出展

寿桂尼 – Wikipedia

今川仮名目録 – Wikipedia

今川義元 – Wikipedia

オススメの本、雑誌

  • 静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    名だたる武将が進出や戦いを繰り返し、特徴的な城が数多く築かれた静岡県は、実は国史跡指定城の数が9城と全国2位の多さを誇る。さらに今川・武田・後北条・徳川・豊臣が関わった城を1県ですべて堪能できる唯一の県でもある。 本書では実際に歩ける城を中心に、著者お薦めの70城を厳選。具体的な「鑑賞ポイント」を挙げながら歴史的背景と見所を紹介する。土塁や堀切、馬出など現地の最新画像をふんだんに掲載し、初心者にも分かり易く解説。城めぐりのついでに行ける寄り道スポットも収録している。
  • 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を10倍楽しく見るための必須ガイド本
    出演者や森下佳子さん(脚本家)らのインタビューで、ドラマの舞台裏をチェック。ストーリーのあらすじは、歴史用語解説付きでわかりやすい。井伊直虎ゆかりの地のガイドブックとしても活用できる。松平定知さん(元NHKアナウンサー)の紀行文も読み応えたっぷり。そのほか、ドラマに関連した読み物や情報が盛りだくさんの珠玉の一冊。
  • おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    戦国のニューヒロイン誕生! 2017年大河ドラマ 『おんな城主 直虎』を完全ガイド!
    それが天命ならば、覚悟を決める。
    姫でありながら男の名を名乗り、戦国を生き抜いた「井伊直虎」。その波乱の生涯を描く大河ドラマを徹底紹介。ドラマを楽しむために必携の一冊。
    ◆ここでしか読めない! 3人の絆、それぞれへの思い
    柴咲コウ(井伊直虎 役)× 三浦春馬(井伊直親 役)× 高橋一生(小野政次 役)
    ◆時代考証・小和田哲男さんと行く
    直虎のふるさと[舞台地・歴史特集]そのほか、人気定番企画も充実!

コメントを残す