NHK大河「おんな城主直虎」次郎法師が18才くらいの頃は勢力図が激変。次の時代を担う英傑たちが急成長中!!

丸坊主になったおとわちゃんは破壊的に可愛かったですが、5話から大人の次郎法師の本編が始まります。次郎法師は天文5年(1536年)ごろに生まれたのではないかと推測されています。1536年が生年と仮定すると、1554年ごろには18才くらいだったことになります。ドラマではおとわの許嫁の亀之丞が井伊谷に帰還します。

1555年ごろの勢力図

武田氏北条氏の大躍進

この頃の日本は勢力の新旧の入れ替わりが激しく、その中でも、武田信玄と北条氏康の躍進は目まぐるしいものでした。武田氏は甲斐、信濃を平定、木曽氏、小笠原氏の領土も飲み込み大躍進中で、上杉謙信と川中島で競り合っていました。北条氏康は山内上杉氏、扇谷上杉氏両氏に勝利し関東全域を手中にしました。一方、今川氏は武田氏、北条氏と手を組み、三国同盟を締結。三河まで勢力を広げ、織田領に手を伸ばそうとしているところでした。織田家存亡のピンチだった頃となります。

我々の知っている有名な武将はこの頃何才?

  • 今川義元(1519年生)ー 35才
  • 武田信玄(1521年生)ー 33才
  • 上杉謙信(1530年生)ー 24才
  • 織田信長(1534年生)ー 20才
  • 豊臣秀吉(1537年生)ー 17才
  • 徳川家康(1543年生)ー 11才
  • 真田昌幸(1547年生)ー 7才

みんな、若いですねーピチピチです!昌幸パパなんか、小学生ですよ!徳川家康は、当時の名を松平竹千代といい、人質として府中館(駿府城)で生活していました。1550年の段階で、頭首となっていたのは今川義元、武田信玄、上杉謙信、織田信長だけです。

大きく変動する勢力構成の中で、井伊家も翻弄される事となります。やはり、北からにじり寄ってきている、武田氏の動きが気になりますね。三国同盟を締結されている間は、今川領には攻め込まないでしょうが、、、

出展

オススメの本、雑誌

  • 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を10倍楽しく見るための必須ガイド本
    出演者や森下佳子さん(脚本家)らのインタビューで、ドラマの舞台裏をチェック。ストーリーのあらすじは、歴史用語解説付きでわかりやすい。井伊直虎ゆかりの地のガイドブックとしても活用できる。松平定知さん(元NHKアナウンサー)の紀行文も読み応えたっぷり。そのほか、ドラマに関連した読み物や情報が盛りだくさんの珠玉の一冊。
  • おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    戦国のニューヒロイン誕生! 2017年大河ドラマ 『おんな城主 直虎』を完全ガイド!
    それが天命ならば、覚悟を決める。
    姫でありながら男の名を名乗り、戦国を生き抜いた「井伊直虎」。その波乱の生涯を描く大河ドラマを徹底紹介。ドラマを楽しむために必携の一冊。
    ◆ここでしか読めない! 3人の絆、それぞれへの思い
    柴咲コウ(井伊直虎 役)× 三浦春馬(井伊直親 役)× 高橋一生(小野政次 役)
    ◆時代考証・小和田哲男さんと行く
    直虎のふるさと[舞台地・歴史特集]そのほか、人気定番企画も充実!
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

コメントを残す