NHK大河「おんな城主直虎」東海道と南北朝時代の井伊谷

平安時代の街道

東海道は飛鳥時代に整備された五幾七道の一つで、古代から日本の大きな交通路でした。井伊氏の拠点である井伊谷城は東海道からほど近く、平野部と山間部の境界線にある立地に築かれたお城です。東海地方では、古代から平安期にかけての朝廷の影響力というのはこの街道沿いの都市部に限られ、山間部は別の文化圏だったと考えられています。井伊氏はこの山間部の文化圏に属していた豪族で都市部の支配者とは対立していたことが想定されます。

  • 1333年 鎌倉幕府が滅亡 今川氏(足利一門)が遠江の守護となる
  • 1337年 北朝方の今川氏と南朝方の井伊氏が三方ヶ原で合戦。引き分け。
  • 1338年 足利尊氏征夷大将軍となる
  • 1340年 北朝方の攻撃を受け井伊氏は降伏
  • 1392年 南朝第4代亀山天皇が北朝に譲位。南北朝合一

名門足利一門の今川氏 vs. 井伊谷の豪族井伊氏

平安時代が終わり、鎌倉時代になってもその状況は変わらず、鎌倉幕府が倒され南北朝時代となります。この頃の遠江国の守護だったのは今川氏でした。南朝のリーダー後醍醐天皇は自身の皇子を全国に派遣し北朝勢力と対抗させようとします。各地の豪族は自分たちの利害に基づいて南北朝に分かれて戦いました。遠江国の守護であった今川氏は北朝方(今川氏の本家である足利家が北朝の主力大名であったため)、井伊氏は南朝方につきました。

宗良親王
宗良親王
1337年後醍醐天皇の第二皇子、宗良親王は陸奥国府を船で目指していましたが、座礁し遠江国に漂着します。これが、井伊氏と南朝の皇子との運命の出会いとなります。当時の井伊家の当主井伊道政は宗良親王を「井伊谷城」にて庇護しました。1340年北朝方の攻撃を受け、猛攻に耐えきれなくなった井伊氏と宗良親王は井伊氏の本城「三岳城」を脱出し「大平城」へ移動します。7ヶ月激しい攻防戦を繰り広げ大平城は陥落し井伊氏は降伏します。宗良親王は井伊谷を脱出し、越後国、越中国などで転戦したのち、信濃国に移り30年間信濃を拠点としました。井伊氏は敗戦後、滅亡は免れ戦国時代にまたその名が歴史の表舞台に登場することとなります。

出典

参考にした本、サイトは以下です。

オススメの本、雑誌

  • 2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完全読本

    2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」を10倍楽しく見るための必須ガイド本
    出演者や森下佳子さん(脚本家)らのインタビューで、ドラマの舞台裏をチェック。ストーリーのあらすじは、歴史用語解説付きでわかりやすい。井伊直虎ゆかりの地のガイドブックとしても活用できる。松平定知さん(元NHKアナウンサー)の紀行文も読み応えたっぷり。そのほか、ドラマに関連した読み物や情報が盛りだくさんの珠玉の一冊。
  • おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

    戦国のニューヒロイン誕生! 2017年大河ドラマ 『おんな城主 直虎』を完全ガイド!
    それが天命ならば、覚悟を決める。
    姫でありながら男の名を名乗り、戦国を生き抜いた「井伊直虎」。その波乱の生涯を描く大河ドラマを徹底紹介。ドラマを楽しむために必携の一冊。
    ◆ここでしか読めない! 3人の絆、それぞれへの思い
    柴咲コウ(井伊直虎 役)× 三浦春馬(井伊直親 役)× 高橋一生(小野政次 役)
    ◆時代考証・小和田哲男さんと行く
    直虎のふるさと[舞台地・歴史特集]そのほか、人気定番企画も充実!
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。

コメントを残す