(大分県)第18回たけた竹灯籠『竹楽』 【終了】

概要
竹楽に使用する竹灯籠は、一定の比率によって組み合わされた三本組みを基本としています。彫刻による造作や和紙、セロハンを貼るなどの加工は行いません。また灯りも専用の蝋燭を使用し、電飾等は使用しません。その他のモニュメント、光を使用した文字表現、竹工芸作品、誘導灯としての単灯籠などは、その用途や地区に限定されるものであり、厳密には竹楽の竹灯籠とは呼ばずに区別されています。

市街地の象徴的エリアにおける竹灯籠の風景を「竹楽八景」と認定し、そのエリアは百人会の定めた人々(化粧師)によってのみ管理されています。三本組みの竹灯籠という、極めてシンプルな灯りをどこに置くか、また置かないか、そのバランスによって光と闇、建物と影のコントラストなど、昼間とはまったく違った幽玄の世界を演出していきます。それは、その場所の醸し出す独特の空気でもあり、それぞれ化粧師の特徴でもあるのです。
また竹灯籠による視覚的な効果だけでなく、古くから文化活動の盛んであった土地柄により芸術の造詣も深く、多くのアーティストがコンサートをいたるところで開催しているのも楽しみのひとつです。ウェルカムゾーンの賑やかさを演出する音楽や闇に染み込む和楽器の調べなど、それぞれが竹楽のBGMとして風景の一部となっています。場所によっては「無音」という贅沢なBGMも用意されています。
住所
竹田市大字竹田町
開催・集合場所
大分県竹田市城下町周辺
開催日
2017-11-17~ 2017-11-19
時間
16:30点火
問い合わせ/申し込み先
竹田市観光ツーリズム協会竹田支部(Tel:0974-63-2638)
公式URL
資料

※詳細は各団体へ直接お問い合わせください。

史跡イベントページへ

オススメの本、雑誌

  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?