(奈良県)第30回 たかとり城まつり

概要
毎年、紅葉の時期に開催される「たかとり城まつり」も、今年で30回目となります。 メイン会場「高取児童公園」で、大迫力の火縄銃の実演、居合術、殺陣の実演等が開催が開催されます。また、土佐街道沿いでは、戦国時代から江戸時代にかけての装束で町を練り歩く時代行列、模擬店やフリーマーケットなど、さまざまな楽しいイベントが催されます。
住所
奈良県高市郡高取町
開催・集合場所
児童公園及び土佐街道沿い
開催日
2018-11-23
時間
10:00~16:00
問い合わせ/申し込み先
観光案内所夢創舘(むそうかん) 0744-52-1150
資料

※詳細は各団体へ直接お問い合わせください。

史跡イベントページへ

オススメの本、雑誌

  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。