続日本100名城のスタンプラリーがついに始まる!あなたはどの城から巡る??

続日本100名城のスタンプラリーが、 2018年4月6日(城の日)に開始されます!今回選定されたお城は、有名なお城が多かった日本100名城と比べると、渋いお城が多い印象ですね。

続日本100名城とは

続日本100名城は、日本城郭協会が2017年に財団法人となって50周年を迎えたことを記念して、協会が委嘱した城郭専門家6名からなる選定委員によって選ばれた100城のことです。(40周年記念時に日本100名城が選ばれているため今回は「続」となります。)

100名城の選定基準は、

(1)優れた文化財・史跡であること
(2)著名な歴史の舞台であること
(3)時代・地域の代表であること
続日本100名城 | 日本100名城 | 公益財団法人日本城郭協会より引用

「続日本100名城」リスト

選ばれたのは以下のお城になります。

各都道府県に一つ以上は選ばれているので、みなさん今週末にはお近くのお城を攻めに行ってはいかがでしょうか。

もう少し詳しい、続日本100名城のリストはこちら

筆者が攻略済みのお城の記事のリンクを貼っておきますので、みなさんの城攻め計画の参考にしていただければ幸いです。

筆者が訪問したことのある「続日本100名城」はこちら

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?