今年のゴールデンウィークはどこの城に行く?桜と城を見るなら!人混みが苦手なら!建造物を楽しみたいなら!オススメの11選

弘前城さくら 今年もやってまいりました、ゴールデンウィークシーズン!まとまった休みを利用してお城巡りを予定されている方も多いのではないでしょうか。テーマごとにおすすめのお城をまとめてみました。もしよければ、参考にしてくださいね。

まだまだ桜を楽しみたい方は北海道、青森の城がおすすめです。

ゴールデンウィーク中も桜を楽しめる松前城

松前城
松前町商工観光課facebook pageより転載
松前城は幕末期に北辺防備のため脆弱な福山館を改築して作られた日本最後の和式城郭です。
北海道はこれからが桜の見ごろになります!松前城は「日本さくら名所100選」にも選ばれる桜の名所です。ゴールデンウィーク中もまだまだ見ごろが続きます。
第71回松前さくらまつりは4/28(土)~5/13(日)に松前公園で開催されます。詳細は北海道松前藩観光奉行 ~情報かわら版~

松前城
場所:北海道松前郡松前町字松城
#日本100名城

本州で桜を楽しむには、やっぱり弘前城!

辰巳櫓と桜
辰巳櫓と桜
津軽藩二代藩主津軽信牧(のぶひら)によって築かれた、日本最北の現存天守の残る城です。弘前城も「日本さくら名所100選」に選ばれる桜の名所です。今年のゴールデンウィークはまだ桜が残っているでしょうか。詳しくは、弘前公園さくら情報をチェックしてください。
2018年 弘前さくらまつりは4月21日(土)~5月6日(日)に開催されています。

弘前城
場所:青森県弘前市下白銀町1
#日本100名城

人込みは苦手という方には、穴場のお城がおすすめ!

古代の水洗トイレでおなじみの秋田城

秋田城出羽柵から秋田へ移転され秋田城と呼ばれるようになり、出羽国の国府となります。
現在は、広大な城跡が整備された公園になっています。城跡には渤海使(ぼっかいし)を迎えるため造られたとみられる古代の水洗トイレが復元されています。

秋田城
場所:秋田県秋田市寺内
#続日本100名城

東北最大級の山城 脇本城

脇本城安東愛季が既存の城を改修して築き、湊城、檜山城とともに安東氏一族が居城としていた山城です。総面積約150ヘクタールに及ぶ東北最大級の城です。
山城ですが、木も伐採されて綺麗に整備されていて、往時の縄張りをよく見ることができるお城です。

脇本城
場所:秋田県男鹿市脇本脇本七沢
#続日本100名城

圧巻の総石垣、総石畳の山城 金山城

新田金山城群馬県に戦国時代に造られた山城です。圧巻の総石垣、総石畳の山城が復元されています。
関東に石垣を持ち込んだのは、小田原討伐時の秀吉だと考えられていましたが、金山城はそれよりも前から石垣による築城がなされていました。

新田金山城
場所: 群馬県太田市金山町40-98
#日本100名城

密かな名城河村城

河村城南北朝時代、南朝側の河村氏が足利尊氏と戦った城ですが、戦国時代には後北条氏の支配城となり、秀吉による小田原討伐で落城して廃城となりました。

河村城
場所:神奈川県足柄上郡山北町山北

比高は日本一の山城高取城

高取城元弘2年(1332年)に築かれた山城で、豊臣秀長が近世山城に改修しました。
日本三大山城の一つに数えられ、比高が日本一の山城です。本丸や二の丸にある石垣は10mと立派で、縄張り全体に保存状態の良い石垣が残ります。

高取城
場所: 奈良県高市郡高取町大字高取
#日本100名城

山城の概念を覆す圧巻の石垣 岡城

岡城緒方惟義が源義経を迎えるために築城したという伝承が残ります。標高325メートル総面積約235,000㎡の広大かつ堅牢な山城です。
縄張り全体に築かれた高石垣は「これは本当に山城か?」と思わせるほどの圧巻の山城です。

豊後岡城
場所: 大分県竹田市大字竹田2761
#日本100名城

建物がある城のほうが分かりやすくて好きという方には

復元建造物で往時を偲ぶ小田原城

小田原城相模湾に隣接した平山城。秀吉に制圧されるまでは北条氏の本城であったお城です。
天守をはじめ、門などの建造物が復元されていて、往時の城の姿を今に見ることができます。天守からは小田原攻めで秀吉が築城した石垣山城を見ることができます。

小田原城
場所: 神奈川県小田原市城内
#日本100名城

際立つ美しさを放つ松本城

松本城 天守閣信濃の有力者小笠原氏が築いた深志城を前身として、新たな支配者武田氏が松本城を作り、その後の領主石川数正がが、その縄張りを生かす形で近世城郭を作りました。
本丸は比較的低い石垣で、普通の近代城郭とは見た目が違うユニークなものになっています。東京からのアクセスもバッチリで、常に観光客で混雑する名城です。現存天守の美しさは際立っています。

松本城
場所: 長野県松本市丸の内4-1
#日本100名城

400年の時を乗り越えて建造物が残る彦根城

彦根城天守閣大大名井伊氏の居城として有名なお城です。現存天守など多くの建造物や石垣が広大な敷地に残る巨大城郭です。
彦根城内には、毎日ひこにゃんが登場します。スケジュールは 「本日のひこにゃん」案内板にて告知されます。そして、ゴールデンウィーク中は「ご城下にぎわい市」が開催されています。詳しい物産市の情報はご城下にぎわい市 – 彦根観光ガイド

彦根城
場所: 滋賀県彦根市金亀町1−1
#日本100名城

お城を絞り込むのはなかなか難しい!

おすすめしたいお城はもっともっとありますが、今回は11城を選びました。「今年のゴールデンウィークの旅行先の城が入っていない!」という方は、 日本100名城続日本100名城リストも参考にしてみてください!

松前町商工観光課より写真の転載の許可をいただきました。ありがとうございます。

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

    100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?