紅葉が美しい日本のお城10選 in 2016

紅葉が美しい日本のお城

お城の紅葉情報

そろそろ、紅葉の時期がせまってきました〜。この間まで暑い日が続いていたのに、急に秋めいてきましたね!天守閣のあるお城だけでなく、山城も美しく紅葉で色付く季節になりましたね。今年の見頃は例年通りという予報です。お近くのお城へお出かけしてみてはいかがでしょうか?日本の北部では10月頃から紅葉の見頃がスタート、南の方では12月までが紅葉の時期になります。2016年の紅葉が美しいお城の夜間ライトアップ情報などなど調べてまとめみました!いま、紅葉が見頃の地域は紅葉情報2016−Yahoo!JAPANをチェックするといいですよ。

弘前城
お城 弘前城(青森)
場所 弘前城植物園(弘前公園内)
イベント名 弘前城菊と紅葉まつり
期間 2016年10月21日(金)~11月13日(日)
ライトアップ 日没~21:00
弘前城天守や櫓、城門の通常ライトアップに加えて、もみじと桜の紅葉の特別ライトアップが行われます。
オフィシャルサイト 弘前城菊と紅葉まつり
会津若松城
お城 会津若松城(福島)
場所 鶴ヶ城公園
イベント名 鶴ヶ城紅葉ライトアップ
ライトアップ 2016年10月21日(金)~11月13日(日)【予定】 日没~21:00
オフィシャルサイト 鶴ヶ城紅葉ライトアップ
上田城
お城 上田城(長野)
場所 上田城跡公園
イベント名 上田城紅葉まつり
期間 2016年11月3日(土)~11月6日(日)
オフィシャルサイト 上田城紅葉まつり
郡上八幡
お城 郡上八幡城(岐阜)
場所 郡上八幡城周辺、郡上八幡城下町プラザ
イベント名 郡上八幡城下町もみじまつり
期間 2016年11月1日~11月23日
ライトアップ 11月7日~15日天守閣夜間特別開城(9:00~21:00)
オフィシャルサイト 郡上八幡城(積翠城)の紅葉情報
金沢城
お城 金沢城(石川)
場所 金沢城公園、兼六園(金沢市)
イベント名 金沢城・兼六園四季物語 〜秋の段〜
ライトアップ 2016年11月18日(金)~12月3日(土)
オフィシャルサイト 金沢城・兼六園 四季物語2016
松本城
お城 松本城(長野)
見頃 10月下旬~11月上旬
オフィシャルサイト 松本城の紅葉 – さわやか信州旅
岐阜城
お城 岐阜城(岐阜)
見頃 11月上旬~下旬
オフィシャルサイト 岐阜公園・金華山・岐阜城の紅葉 [岐阜の紅葉]
犬山城現存天守
お城 犬山城(愛知)
見頃 11月下旬-12月上旬
オフィシャルサイト 国宝犬山城 « 犬山観光情報
和歌山城
お城 和歌山城(和歌山)
場所 和歌山城 西之丸庭園(紅葉渓庭園)
見頃 11月下旬~12月上旬
オフィシャルサイト 和歌山市観光協会 公式HP|和歌山の歴史 紅葉渓庭園、紅松庵
熊本城
お城 熊本城(熊本)
場所 熊本城
見頃 11月下旬~12月上旬
オフィシャルサイト 熊本城

全国の紅葉情報

紅葉情報2016−Yahoo!JAPAN

オススメの本、雑誌

  • ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

    ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

    第2巻ではスペシャルで放送された東京駅、3回連続放送で話題を呼んだ富士山、そして大河ドラマ「真田丸」ゆかりの土地である上田・沼田を収録。 街の成り立ちを、土地や建物に残された痕跡から、歴史・文化・地質学などさまざまなアプローチで掘り下げ、これまでとは一味もふた味も違うディープな街歩きを楽しめます。 本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。 散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。
  • 歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

    歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

    徳川家の譜代筆頭として知られる「赤備え」の井伊家は、実は三河以来の家臣ではなく、戦国の初めまでは遠江の小領主でした。生き残るため、遠江を支配する今川家に従いますが、当主が次々と理不尽な死を遂げ、滅亡寸前に追い込まれます。この時、出家した女性の身でありながら当主となり、矢面に立ったのが次郎法師こと井伊直虎でした。井伊家を簒奪しようとする家老の小野氏、小野を後押しする主家今川家の圧力、そして近隣の武田家や徳川家が虎視眈眈と様子を窺う中、彼女はなぜ乱世に立ち向かうことができたのか。直虎が生涯をかけて守ろうとしたものは何かを描く総力特集で、大河ドラマ「おんな城主 直虎」がより楽しめる内容です。第二特集は「落語が語る江戸の年中行事」です。
  • 歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    「真田丸」戦国軍事考証の裏側
    なぜ精鋭と謳われたか”加藤隼戦闘隊”戦記

コメントを残す