臼杵城

お城名
臼杵城(うすきじょう)
お城別名
丹生島城、巨亀城、金亀城、亀城
概要
大友宗麟が新たな拠点として臼杵城の前身となる丹生島城を築城。現在は埋め立て地の中にあるが、築城当時は北、南、東を海に囲まれた海城であった。
遺構
天守跡天守台現存櫓復元櫓模擬城門城門跡現存石垣空堀土塁井戸
種類
海城続日本100名城
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
所在地
大分県臼杵市臼杵丹生島
アクセス
臼杵駅から徒歩7分

臼杵城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。