津山城

 
岡山県津山市山下135
お城名
津山城(つやまじょう)
お城別名
鶴山城
概要
江戸時代初期森氏が入封し13年かけて築城した。
遺構
現存石垣曲輪
種類
平山城日本100名城日本さくら名所100選
築城年
室町時代(1336年 – 1573年)
主な城主
山名忠政
所在地
岡山県津山市山下135

津山城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 古地図で歩く大阪 ザ・ベスト10

    古地図で歩く大阪 ザ・ベスト10

    その街がどのような歴史を経て今の姿になったのか、なぜその名前になったのか、古地図をたどればそのヒントがあります。 本書では、大阪の10のエリアを取り上げ、各時代の地図を見ながら、街の変遷を見ていきます。その上で、現在の街に残る地名の由来や街のなりたちを物語るスポットをめぐるルートを詳細なマップでガイド。大阪そのものの歴史を体感できる、街歩きコースのベストテンです。 【掲載エリア】梅田/ミナミ/中之島/御堂筋/天満/京橋/天王寺〜阿倍野〜住吉/十三/大正区/平野
  • 凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

    凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

    大阪はこんなにも凸凹だった!古墳、大阪城、道頓堀…謎とドラマに満ちた地形エンターテインメント。見て楽しい、歩いて楽しい、12エリアの凸凹マップ付。
  • 豊臣大坂城: 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

    豊臣大坂城: 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

    大坂の陣から四百年。天下の名城はどのように作られ、いかに落城したか。豊臣秀吉は四度の工事を経て、自らの根城を惣構えで固めた難攻不落の巨城へと変貌させた。秀頼統治下の大坂は「パクス・オーザカーナ」ともいうべき繁栄を謳歌するが、徳川豊臣二重公儀体制のバランスが崩れた時、両軍は激突、城は灰燼に帰した。その城内の様子や真田丸などの堅固な防御を、考古学的発見と歴史的文献を駆使して再現する。

コメントを残す