高田城

お城名
高田城(たかだじょう)
お城別名
鮫ヶ城、関城、高陽城
概要
徳川家康の六男、松平忠輝の居城として姑の伊達政宗によって築城された。
遺構
復元櫓土塁
種類
平城日本さくら名所100選
築城年
江戸時代(1603年 – 1868年)
主な城主
松平忠輝
所在地
新潟県上越市本城
アクセス
JR上越妙高駅から車で15分
営業時間
9:00-17:00
定休日
月曜日(月曜日が休日のときは翌日)、休日の翌日、12月29日~1月3日 (高田城百万人観桜会、夏休み期間中は無休、その他臨時休館することがあります)
料金
一般:300円
オフィシャルサイト

高田城のおすすめ記事   

  • 花と城 日本さくら名所100選に名を連ねる名城27選
  • オススメの本、雑誌

    • 歴史人2月号

      歴史人2月号

      特集:戦国乱世を生きた名家・名族 栄誉盛衰の系譜
      天下人と名家の関係を読み解く
      利用する信長 憧れる秀吉 守る家康
      乱世を生き抜いた名門・井伊家
      断絶か!?存続か!?細川幽斎決断
      "東海の雄"今川家の栄光と没落
      名家を揺るがせた御家騒動の真相
      没落! 乱世に翻弄された名家の失敗
      「全国版」戦国武将名家総覧
    • 歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

      歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

      現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む
      島津豊久
      薩摩武士の魂とは
    • 歴史街道 2017年 03 月号

      歴史街道 2017年 03 月号

      軍神毘沙門天の加護を.信じ、生涯不犯を通して、利ではなく義を重んじて戦った戦国最強の武将…。上杉謙信といえば、高潔である一方、やや観念的な、現実離れした人物というイメージがあるかもしれません。そもそも領土拡張をしない謙信は、何のために戦ったのでしょうか。しかし最近の研究で、その政治手腕が極めて合理的・現実的であったこと、また、彼が生涯を賭けて求め続けていたものが、明らかになり始めています。さらに、謙信が第四次.川中島合戦で用いたという車懸りの実像は、どんなものだったのか。実は私たちが知る戦国の陣形は、実際と異なり、車懸りとは陣形ではなく、恐るべき戦法だったのです。従来像を覆す、新たな謙信を描き出します。第二特集は「志士たちの学校」です。

コメントを残す