首里城

 
お城名
首里城(しゅりじょう、すいぐすく)
お城別名
御城(ウグシク)
概要
沖縄県最大規模の城跡。正殿など遺構を埋め戻した上に復元されている。
遺構
現存城門現存石垣
種類
山城日本100名城
築城年
室町時代(1336年 – 1573年)
所在地
沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
アクセス
ゆいレール「首里駅」から徒歩約15分
市内線1、14、17番、市外線46番「首里城公園入口」バス停から徒歩5分
首里城下町線7、8番「首里城前」バス停から徒歩1分
市内線9、13番、市外線25、97番「山川」バス停から徒歩15分

首里城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • ブラタモリ 5 札幌・小樽・日光・熱海・小田原

    ブラタモリ 5 札幌・小樽・日光・熱海・小田原

    出版予定日は2016年12月16日 あの人気街歩き番組が、ついに書籍化! これであなたも「ブラタモリ」体験 本編では語り切れなかったエピソードや、ロケの撮影風景の特別写真、街歩きに便利な地図などを多数収録。 散歩に、旅のお供に欠かせない一冊です。
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください