志波城

 
岩手県盛岡市上鹿妻五兵エ新田48−1
お城名
志波城(しわのき/しわじょう)
概要
東北地方の前線基地として胆沢城から北進させて築かれた城柵
遺構
大溝築地塀跡掘立柱建物跡竪穴建物跡
種類
城柵
築城年
平安時代(794年 – 1185年)
主な城主
坂上田村麻呂
所在地
岩手県盛岡市上鹿妻五兵エ新田48−1
アクセス
盛岡駅東口バスのりば13番から乗車(約26分・400円)

  「志波城古代公園前行」乗車,「志波城古代公園前」バス停下車徒歩1分
「飯岡十文字経由矢巾営業所行」乗車,「飯岡十文字」バス停下車徒歩約10分
本宮線・羽場線〔系統501・502・503・504 志波城古代公園行,矢巾営業所行き〕
営業時間
案内所の開館時間は9時から17時まで。
公園内はいつでも自由に見学できます。
駐車場
無料40台
ガイド施設・ガイド
志波城のガイダンス施設
オフィシャルサイト

志波城のおすすめ記事   

  • noimage 志波城歴史フォーラム「坂上田村麻呂と志波城」~坂上田村麻呂を知りつくした歴史学者と漫画家が熱く語る。~
    • noimage 「盛岡の歴史入門講座 ~遺物・遺跡は語る~第2回 」蝦夷の時代 ~志波城と徳丹城~
      • noimage 志波城歴史講演会「いわての古代史をかたる 志波城・胆沢城・徳丹城」
      • オススメの本、雑誌

        • 蝦夷と東北戦争

          蝦夷と東北戦争

          古代国家が、蝦夷を武力で制圧した「征夷」。伊治公呰麻呂の乱をはじめ、阿弖流為と坂上田村麻呂の戦いなど、八世紀から九世紀に至る幾多の戦乱を検証。征夷に関わった人々に焦点を当て、蝦夷支配の真実を描き出す。
        • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

          太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

          近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?
        • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

          図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

          大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
          「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

コメントを残す