真田氏館

お城名
真田氏館(さなだしやかた)
お城別名
お屋敷
概要
真田幸隆の長男信綱が築城したとも、幸隆自身がその前から居住していたともいわれる。中世豪族の館を現代に示す重要な遺構。
遺構
現存石垣曲輪土塁
種類
居館
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
主な城主
真田幸隆
所在地
長野県小県郡真田町本原
アクセス
上田バス真田・菅平・傍陽線「真田自治センター入口」で乗り換え
赤井線「真田氏歴史館」下車(日曜・祝祭日は運休)
駐車場
あり
オフィシャルサイト

真田氏館のおすすめ記事   

  • 真田六文銭 真田信繁(幸村)ゆかりの15城+1とゆかりの地を巡ってみた!真田の城は渋くてかっこいい★
  • オススメの本、雑誌

    • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
    • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
    • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

      太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

      近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください