真田本城

お城名
真田本城(さなだほんじょう)
お城別名
真田山城、松尾城
概要
戦時に立て籠るタイプの山城。周辺には多数の支城がありその司令塔であった城という見方もある。
遺構
曲輪土塁
種類
山城
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
主な城主
真田幸隆、真田信綱、真田昌幸
所在地
長野県上田市真田町長十林寺5029-3
アクセス
上田バス真田・菅平・傍陽線「真田自治センター入口」で乗り換え
赤井線「真田氏歴史館」下車(日曜・祝祭日は運休)
徒歩30分
駐車場
あり

真田本城のおすすめ記事   

  • 真田六文銭 真田信繁(幸村)ゆかりの15城+1とゆかりの地を巡ってみた!真田の城は渋くてかっこいい★
  • オススメの本、雑誌

    • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
    • 歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

      歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

      徳川家の譜代筆頭として知られる「赤備え」の井伊家は、実は三河以来の家臣ではなく、戦国の初めまでは遠江の小領主でした。生き残るため、遠江を支配する今川家に従いますが、当主が次々と理不尽な死を遂げ、滅亡寸前に追い込まれます。この時、出家した女性の身でありながら当主となり、矢面に立ったのが次郎法師こと井伊直虎でした。井伊家を簒奪しようとする家老の小野氏、小野を後押しする主家今川家の圧力、そして近隣の武田家や徳川家が虎視眈眈と様子を窺う中、彼女はなぜ乱世に立ち向かうことができたのか。直虎が生涯をかけて守ろうとしたものは何かを描く総力特集で、大河ドラマ「おんな城主 直虎」がより楽しめる内容です。第二特集は「落語が語る江戸の年中行事」です。
    • 歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

      歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

      現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む
      島津豊久
      薩摩武士の魂とは

コメントを残す