真田本城

お城名
真田本城(さなだほんじょう)
お城別名
真田山城、松尾城
概要
戦時に立て籠るタイプの山城。周辺には多数の支城がありその司令塔であった城という見方もある。
遺構
曲輪土塁
種類
山城
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
主な城主
真田幸隆、真田信綱、真田昌幸
所在地
長野県上田市真田町長十林寺5029-3
アクセス
上田バス真田・菅平・傍陽線「真田自治センター入口」で乗り換え
赤井線「真田氏歴史館」下車(日曜・祝祭日は運休)
徒歩30分
駐車場
あり

真田本城のおすすめ記事   

  • 真田六文銭 真田信繁(幸村)ゆかりの15城+1とゆかりの地を巡ってみた!真田の城は渋くてかっこいい★
  • オススメの本、雑誌

    • ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり

      真田家ヒストリーを キッカケに 旅にでよう!! 戦国武将の真田昌幸・信繁に関連した城跡と史跡をご紹介。 単なる情報で終わらず、「真田の痕跡を探せ! 」をテーマに現地取材による編集部独自のレポートを掲載。 どこから城跡を見ると、河岸段丘や土地の高低差がわかるグッドビューポイント等、城跡史跡にとどま らず、真田家ヒストリーに関わる川や滝、峠、祭りまでも現地取材をまじえてのご紹介!! 戦国時代の研究第一人者の小和田哲男教授の「小和田教授のココだけの話」も必見。
    • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

      首都圏発 戦国の城の歩きかた

      戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
    • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.