渟足柵

 
お城名
渟足柵(ぬたりのき/ぬたりのさく)
概要
文献上、最初に設置された城柵。蝦夷に備えるために設置された。日本海沿岸の砂丘の数メートル地下にあるとみられる。
遺構
なし
種類
城柵
築城年
飛鳥時代(592年 – 710年)

渟足柵のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 蝦夷と東北戦争

    蝦夷と東北戦争

    古代国家が、蝦夷を武力で制圧した「征夷」。伊治公呰麻呂の乱をはじめ、阿弖流為と坂上田村麻呂の戦いなど、八世紀から九世紀に至る幾多の戦乱を検証。征夷に関わった人々に焦点を当て、蝦夷支配の真実を描き出す。
  • 歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    「真田丸」戦国軍事考証の裏側
    なぜ精鋭と謳われたか”加藤隼戦闘隊”戦記
  • 歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む
    島津豊久
    薩摩武士の魂とは

コメントを残す