中山柵

 
お城名
中山柵(なかやまのき/なかやまのさく)
概要
804年の設置。蝦夷征討のため、武蔵など7国から糒・米を陸奥国小田郡中山柵に運ばせると日本後記にある。
遺構
なし
種類
城柵
築城年
平安時代(794年 – 1185年)

オススメの本、雑誌

  • 歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    歴史群像 2017年 02 月号 [雑誌]

    「真田丸」戦国軍事考証の裏側
    なぜ精鋭と謳われたか”加藤隼戦闘隊”戦記
  • 歴史人3月号

    歴史人3月号

    男社会の乱世に挑み、御家を守った! 戦国 おんな城主の決断 井伊家を守った直虎! 今川を支えた寿桂尼! 淀殿の功と罪! おんな城主の決断を読み解く! 「おんな城主」 井伊直虎に学ぶ乱世を生き抜く知恵 女の発想が決め手! 直虎が戦国乱世に遺したもの 直虎の「政治力」「外交力」「先見性」を解き明かす 歴史史料から読み解く直虎の真実 今川四代を支えた 寿桂尼の謎12 戦国最大の城「大阪城のおんな城主」淀殿の戦い 戦国を生きた"外国人"武将の活躍 真田から井伊まで 最強軍団「赤備え」の系譜
  • 歴史街道 2017年 03 月号

    歴史街道 2017年 03 月号

    軍神毘沙門天の加護を.信じ、生涯不犯を通して、利ではなく義を重んじて戦った戦国最強の武将…。上杉謙信といえば、高潔である一方、やや観念的な、現実離れした人物というイメージがあるかもしれません。そもそも領土拡張をしない謙信は、何のために戦ったのでしょうか。しかし最近の研究で、その政治手腕が極めて合理的・現実的であったこと、また、彼が生涯を賭けて求め続けていたものが、明らかになり始めています。さらに、謙信が第四次.川中島合戦で用いたという車懸りの実像は、どんなものだったのか。実は私たちが知る戦国の陣形は、実際と異なり、車懸りとは陣形ではなく、恐るべき戦法だったのです。従来像を覆す、新たな謙信を描き出します。第二特集は「志士たちの学校」です。