武蔵滝山城

お城名
武蔵滝山城(むさしたきやまじょう)
お城別名
滝山城
概要
1521年に山内上杉氏の重臣大石定重が築き、後に北条氏の城となった山城。
遺構
堀切曲輪腰曲輪帯曲輪本丸二の丸三の丸土塁井戸土橋
種類
山城続日本100名城
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
所在地
東京都八王子市高月町
アクセス
京王八王子駅・JR八王子駅北口から「戸吹(ひよどり山トンネル経由)」行きバスで約20分、または拝島駅から西東京バス杏林大学行き乗車約15分、「滝山城址下」下車徒歩5分
駐車場
29台
午前8時~午後6時(但し11月1日~2月末日は午後4時)
オフィシャルサイト

武蔵滝山城のおすすめ記事   

  • 東京文化財ウィーク 東京文化財ウィークでの特別公開を見逃す手はない!
  • オススメの本、雑誌

    • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

      続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

      城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
    • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
    • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

      首都圏発 戦国の城の歩きかた

      戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?