木曾福島城

 
お城名
木曾福島城(きそふくしまじょう)
お城別名
福島城、向城
概要
戦国時代、木曾義康により築かれた山城。
遺構
土塁
種類
山城
築城年
戦国時代(1467年 – 1590年)
所在地
長野県木曽郡木曽町

木曾福島城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    長野業政と箕輪城 (シリーズ・実像に迫る3)

    主家の再興に賭けた人生! 戦国乱世の中で、武田信玄・北条氏康を翻弄した「上州の大鷹」。 業政の没後、迫り来る武田軍の前に居城箕輪城の運命は! ?
  • 業政駈ける(小説)

    業政駈ける(小説)

    西上野の地侍たちから盟主と仰がれ、信義あふれる心で上杉謙信をも動かした知将、箕輪城主・長野業政。一切の利欲を捨て、国を豊かにし、民の暮らしを守る―。滅亡の危機に瀕しながらも、その鬼謀と胆力をもって武田軍の侵攻を退け続けた男は、関東をただす義の戦におのれの最後を賭す。河越夜戦で逝った息子への誓いと上州侍の誇りを胸に、戦国乱世を疾駆し、強大な者の理不尽に敢然と立ち向かった気骨の生涯を描く!
  • 図説 真田一族

    図説 真田一族

    2016(平成28)年のNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)の時代考証を手がける著者が、幸綱・信綱・昌幸・信繁・信之とつづく真田一族の興亡の歴史を、貴重な写真・図版を駆使して徹底解説! ! 本書初公開の資料を含む、カラー図版多数掲載!

コメントを残す