岸和田城

お城名
岸和田城(きしわだじょう)
お城別名
千亀利城、猪伏山滕城
概要
楠木正成の一族和田高家が築いたと伝承される。江戸時代には岸和田の藩庁が置かれた。
遺構
復元天守復元櫓復元城門現存石垣復元石垣
種類
平城続日本100名城
築城年
建武の新政(1333年 – 1336年)
所在地
大阪府岸和田市岸城町9番1号
営業時間
午前10時~午後5時(入場は午後4時まで)
※お城まつり期間中(4月1日~15日)は午後8時30分まで(入場は午後8時まで)
定休日
毎週月曜日(月曜日が祝日・休日の場合、及びお城まつり期間中(4月1日~15日)は開場)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金
大人 300円
中学生以下 無料
オフィシャルサイト

岸和田城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立