鞠智城

 
熊本県山鹿市菊鹿町米原443−1
お城名
鞠智城(きくちじょう/くくちのき)
概要
鞠智城は、7世紀後半に、大和朝廷が築いた山城です。唐・新羅の連合軍の侵攻に備えて築かれた古代山城の一つ。
遺構
現存城門土塁
種類
山城
築城年
奈良時代(710年 – 794年)
所在地
熊本県山鹿市菊鹿町米原443−1
アクセス
交通センターよりバスで約60分、菊池プラザ下車。
営業時間
温故創生館(鞠智城ガイダンス施設):9:30~17:15(入館は16:45まで)
定休日
温故創生館(鞠智城ガイダンス施設):月曜日(祝祭日の場合は翌日)12月25日~1月4日
料金
無料
ガイド施設・ガイド
温故創生館
オフィシャルサイト

鞠智城のおすすめ記事   

オススメの本、雑誌

  • 歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む
    島津豊久
    薩摩武士の魂とは
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立