鞠智城

 
熊本県山鹿市菊鹿町米原443−1
お城名
鞠智城(きくちじょう/くくちのき)
概要
鞠智城は、7世紀後半に、大和朝廷が築いた山城です。唐・新羅の連合軍の侵攻に備えて築かれた古代山城の一つ。
遺構
現存城門土塁
種類
山城続日本100名城
築城年
奈良時代(710年 – 794年)
所在地
熊本県山鹿市菊鹿町米原443−1
アクセス
交通センターよりバスで約60分、菊池プラザ下車。
営業時間
温故創生館(鞠智城ガイダンス施設):9:30~17:15(入館は16:45まで)
定休日
温故創生館(鞠智城ガイダンス施設):月曜日(祝祭日の場合は翌日)12月25日~1月4日
料金
無料
ガイド施設・ガイド
温故創生館
オフィシャルサイト

鞠智城のおすすめ記事   

  • noimage 鞠智城・古代山城 シンポジウム
  • オススメの本、雑誌

    • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

      首都圏発 戦国の城の歩きかた

      戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
    • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

      図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

      戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
    • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

      「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。