犬山城

お城名
犬山城(いぬやまじょう)
お城別名
白帝城
概要
木曽川沿いの風光明媚な拠点に築かれた城。現存天守。
遺構
現存天守
種類
日本100名城現存12天守
築城年
室町時代(1336年 – 1573年)
主な城主
築城主:織田広近
所在地
愛知県犬山市犬山北古券65−2 犬山城
アクセス
犬山遊園駅または犬山駅から徒歩で 20分
営業時間
9:00-16:30(閉館は17:00)
定休日
12/29~31
料金
大人:¥550
電話
犬山城管理事務所:0568-61-1711
オフィシャルサイト

犬山城のおすすめ記事   

  • 紅葉が美しい日本のお城 紅葉が美しい日本のお城10選 in 2016
    • 紅葉が美しい日本のお城 紅葉が美しい日本のお城 in 2017
      • 大阪城紅葉 今注目されているお城がわかる?検索数で見るお城ランキングトップ20−2015
      • オススメの本、雑誌

        • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

          日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

          100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
        • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

          「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

          「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
        • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

          太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

          近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.