犬山城

お城名
犬山城(いぬやまじょう)
お城別名
白帝城
概要
木曽川沿いの風光明媚な拠点に築かれた城。現存天守。
遺構
現存天守
種類
日本100名城現存12天守
築城年
室町時代(1336年 – 1573年)
主な城主
築城主:織田広近
所在地
愛知県犬山市犬山北古券65−2 犬山城
アクセス
犬山遊園駅または犬山駅から徒歩で 20分
営業時間
9:00-16:30(閉館は17:00)
定休日
12/29~31
料金
大人:¥550
電話
犬山城管理事務所:0568-61-1711
オフィシャルサイト

犬山城のおすすめ記事   

  • 紅葉が美しい日本のお城 紅葉が美しい日本のお城10選 in 2016
    • 大阪城紅葉 今注目されているお城がわかる?検索数で見るお城ランキングトップ20−2015
    • オススメの本、雑誌

      • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

        日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

        100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
      • 歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

        歴史街道 2017年 02 月号 [雑誌]

        徳川家の譜代筆頭として知られる「赤備え」の井伊家は、実は三河以来の家臣ではなく、戦国の初めまでは遠江の小領主でした。生き残るため、遠江を支配する今川家に従いますが、当主が次々と理不尽な死を遂げ、滅亡寸前に追い込まれます。この時、出家した女性の身でありながら当主となり、矢面に立ったのが次郎法師こと井伊直虎でした。井伊家を簒奪しようとする家老の小野氏、小野を後押しする主家今川家の圧力、そして近隣の武田家や徳川家が虎視眈眈と様子を窺う中、彼女はなぜ乱世に立ち向かうことができたのか。直虎が生涯をかけて守ろうとしたものは何かを描く総力特集で、大河ドラマ「おんな城主 直虎」がより楽しめる内容です。第二特集は「落語が語る江戸の年中行事」です。
      • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

        一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

        一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
        地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
        室町幕府の崩壊
        戦国大名の出現
        織田信長の台頭
        織田勢力の拡大
        豊臣秀吉の時代
        徳川幕府の成立

コメントを残す