弘前城

お城名
弘前城(ひろさきじょう)
概要
津軽藩二代藩主津軽信牧(のぶひら)によって築かれた。
遺構
現存天守現存櫓現存城門現存石垣土塁
種類
平山城日本100名城現存12天守日本さくら名所100選
築城年
江戸時代(1603年 – 1868年)
主な城主
築城主:津軽信枚
所在地
青森県弘前市下白銀町1 弘前城
アクセス
バス:弘前駅から弘前市内循環100円バス【弘南バス】弘前公園下車
営業時間
4月1日~11月23日 9:00~17:00
さくらまつり期間 7:00~21:00
定休日
11月24日~3月31日
料金
弘前城本丸・北の郭:大人 310円、子供 100円
駐車場
なし
オフィシャルサイト

弘前城のおすすめ記事   

  • 花と城 日本さくら名所100選に名を連ねる名城27選
    • 雪まつり 城 幻想的な雪景色 雪とお城のお祭り6選
      • 紅葉が美しい日本のお城 紅葉が美しい日本のお城10選 in 2016
        • 紅葉が美しい日本のお城 紅葉が美しい日本のお城 in 2017
        • オススメの本、雑誌

          • 城めぐり手帖「現存天守編」 ~自分だけのトラベルノート

            城めぐり手帖「現存天守編」 ~自分だけのトラベルノート

            本書は、城めぐり専用の持ち歩けるトラベルノートです。ガイド+ノートの構成で、自分だけの「城めぐり手帖」が完成します。 本書のガイド部は、お城基本情報、豆知識、見どころ、撮影ポイント、周辺情報、城マップ、スマホでさっと調べられるQR情報など盛りだくさん。 ノート部は、旅行計画や登城記録を書いたり、スタンプを押したり、チケットを貼り付けたりと、充実の内容。城シールもついていて、とても楽しい手帖です。 本書で紹介するお城のテーマは「天守」。現存天守12城に加え、「城メグリスト」萩原さちこ氏による厳選天守18城を紹介しています。フリーで書き込める18城もあり、城ファンの人には手離せない1冊です。
          • 日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

            日本100名城に行こう―公式スタンプ帳つき

            100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊に! 大人気の100名城スタンプ・ラリー。 その公式スタンプ帳がついた、オールカラー・ガイド。 持ち運びにも便利な、140ページのハンディ・サイズ。 100名城すべてのスタンプがそろい、登録を希望される方が本書を日本城郭協会に送ると、「登城完了印」と「登城順位」が記入されて返送されるとともに、『城郭ニュース』および日本城郭協会ホームページでお名前が紹介されます。
          • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

            図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

            大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
            「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください