姫路城

お城名
姫路城(ひめじじょう)
お城別名
白鷺城
概要
播磨国飾東郡姫路に江戸時代初期に建築された天守や櫓等が現存する城郭。世界遺産。
遺構
現存天守現存櫓現存城門現存石垣土塁庭園
種類
平山城日本100名城現存12天守日本さくら名所100選
築城年
南北朝時代(1336年 – 1392年)
主な城主
小寺氏・黒田氏・池田氏・本多氏・酒井氏
所在地
兵庫県姫路市本町68
アクセス
姫路駅北口から神姫バス乗車「大手門前」下車徒歩5分 JR姫路駅、山陽姫路駅から徒歩20分。
営業時間
9:00~16:00
定休日
12月29日・30日
料金
大人(18才~) 1000円
駐車場
なし
ガイド施設・ガイド
城内を巡りながら、姫路城の歴史や謎などをご紹介。姫路城シルバー観光ガイドをご希望の方は、受付でお申し込み下さい。 料金はガイド1人につき2,000円です。 【お問い合わせ】 姫路城管理事務所 観光ガイド詰所 (電話079-288-4813)
オフィシャルサイト

姫路城のおすすめ記事   

  • 花と城 日本さくら名所100選に名を連ねる名城27選
    • 大阪城紅葉 今注目されているお城がわかる?検索数で見るお城ランキングトップ20−2015
    • オススメの本、雑誌

      • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

        「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

        「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
      • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

        首都圏発 戦国の城の歩きかた

        戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
      • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

        一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

        一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
        地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
        室町幕府の崩壊
        戦国大名の出現
        織田信長の台頭
        織田勢力の拡大
        豊臣秀吉の時代
        徳川幕府の成立

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください