千早城

 
お城名
千早城(ちはやじょう)
お城別名
楠木詰城、金剛山城、千早の詰め城、千早のかくれ城
概要
楠木正成が築いた山城。南北戦争時の山城で、鎌倉幕府の大軍が攻めたが落城しなかった。
遺構
空堀曲輪
種類
山城日本100名城
築城年
鎌倉時代(1185年 – 1333年)
所在地
大阪府南河内郡千早赤阪村千早
アクセス
近鉄富田林駅又は南海河内長野駅からバス各線で「金剛山登山口」下車、徒歩約20分

オススメの本、雑誌

  • 歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    歴史街道 2016年 11 月号 [雑誌]

    現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む
    島津豊久
    薩摩武士の魂とは
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立