大阪城から見る、城好きニッポン(ナカノシマ大学講座) 【終了】

概要
受講料 1,800円(大阪城天守閣オリジナルクリアファイル付き)
定員 100名
申込方法は公式サイトをごらんください。
住所
大阪府大阪市北区中之島1丁目1−27
開催場所
大阪市中央公会堂 小集会室
開催日
2017-05-12
時間
7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
問い合わせ/申し込み先
ナカノシマ大学事務局 TEL06-4799-1340
公式URL

※詳細は各団体へ直接お問い合わせください。

お城フォーラム・講座のトップページへ

オススメの本、雑誌

  • 凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

    凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

    大阪はこんなにも凸凹だった!古墳、大阪城、道頓堀…謎とドラマに満ちた地形エンターテインメント。見て楽しい、歩いて楽しい、12エリアの凸凹マップ付。
  • 豊臣大坂城: 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

    豊臣大坂城: 秀吉の築城・秀頼の平和・家康の攻略

    大坂の陣から四百年。天下の名城はどのように作られ、いかに落城したか。豊臣秀吉は四度の工事を経て、自らの根城を惣構えで固めた難攻不落の巨城へと変貌させた。秀頼統治下の大坂は「パクス・オーザカーナ」ともいうべき繁栄を謳歌するが、徳川豊臣二重公儀体制のバランスが崩れた時、両軍は激突、城は灰燼に帰した。その城内の様子や真田丸などの堅固な防御を、考古学的発見と歴史的文献を駆使して再現する。
  • 新装版 大坂城 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)

    新装版 大坂城 (日本人はどのように建造物をつくってきたか)

    1614 年の「冬の陣」、15 年の「夏の陣」によって落城、灰燼に帰した「秀吉の大坂城」は、近年にいたるまでその実態が謎につつまれていた。複雑に縄張りされ、攻撃に対して万全の態勢をとり、また天守や御殿などは豪華につくられて いたという豊臣氏大坂城の姿を、一枚の古図を手がかりに可能なかぎり復元。名城のオリジナルの姿を知る貴重な一冊です。

コメントを残す