(奈良県)奈良文化財研究所 第123回公開講演会 【終了】

概要
先着 250名(事前申込み順)
特別講演「烏形の幢は八咫烏か」奈良文化財研究所長 松村 恵司氏
講演「全国遺跡報告総覧と考古学ビッグデータの可能性」 企画調整部 文化財情報研究室 研究員 高田 祐一氏
講演「シルクロード天山北路の東西交渉―アク・ベシム遺跡の調査成果から―」都城発掘調査部 考古第二研究室 研究員 山藤 正敏氏
※お申込み方法は公式サイトをご覧ください。
住所
奈良県奈良市 2丁目9-1
開催場所
奈良市佐紀町 平城宮跡資料館 講堂
開催日
2018-11-10
時間
13:00~16:00(開場12:00)

※このイベントは終了しています。

史跡イベントページへ

オススメの本、雑誌

  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立