(群馬県)第一回歴史講演会「松井田城と戦国大名北条氏」 【終了】

概要
講演: 「松井田城と戦国大名北条氏」 斎藤慎一学芸員(江戸東京博物館)
住所
群馬県安中市松井田町新堀530
開催場所
松井田文化会館
開催日
2017-11-03
時間
14:00~

※このイベントは終了しています。

史跡イベントページへ

オススメの本、雑誌

  • 静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    静岡県の歩ける城70選 初心者から楽しめる名将ゆかりの城跡めぐり

    名だたる武将が進出や戦いを繰り返し、特徴的な城が数多く築かれた静岡県は、実は国史跡指定城の数が9城と全国2位の多さを誇る。さらに今川・武田・後北条・徳川・豊臣が関わった城を1県ですべて堪能できる唯一の県でもある。 本書では実際に歩ける城を中心に、著者お薦めの70城を厳選。具体的な「鑑賞ポイント」を挙げながら歴史的背景と見所を紹介する。土塁や堀切、馬出など現地の最新画像をふんだんに掲載し、初心者にも分かり易く解説。城めぐりのついでに行ける寄り道スポットも収録している。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

コメントを残す