(三重県)企画展「美し国と食の文化史」(朝日町歴史博物館) 【終了】

概要
食文化にかかわる歴史資料を紹介。 三重県の画家「栗田真秀」や「中村左洲」の絵、「森有節」の万古焼茶道具や、千利休や豊臣秀吉の書状など展示。
入場: 無料
<学芸員による展示解説>
2018年1月27日(土)午後2時から
2018年2月17日(土)午後2時から
住所
三重県三重郡朝日町柿2278
開催場所
朝日町歴史博物館
開催日
2018-02-18
時間
午前9時~午後5時
休館日:毎週月曜日、祝日、月末整理日(1/31)

※このイベントは終了しています。

史跡イベントページへ

オススメの本、雑誌

  • 一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかるイラストでわかる図解戦国史

    一冊でわかる、イラストでわかる 図解 戦国史
    地図・イラストを駆使し、歴史のポイントを多面的に解説豊富な図版で戦国大名たちの勢力変遷も一目瞭然。
    室町幕府の崩壊
    戦国大名の出現
    織田信長の台頭
    織田勢力の拡大
    豊臣秀吉の時代
    徳川幕府の成立
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?

コメントを残す