Isawa Castle was in Aterui’s Village, Ancestor Setting of Ashitaka in Gibri Anime Princess Mononoke.

Mysterious Area, Tohoku was Still a Land of Natives in Heian Period

胆沢城In ancient Japan, Honsyu (main island) was not completely a part of central government of Japan, Yamato Dynasty. The North part of Honshu, currently Tohoku, was undeveloped and mysterious zone from the dynasty’s view point. However, one of the nobilities claimed there were lots of natural resources out there, so the Emperor Kanmu ordered to conquer North. The troops did not have much knowledge of north area, so it was not easy journey.

Two Heroic Charctors of Heian, Aterui and Tamuramaro

アテルイWhere Isawa castle, there was a tribe leader Aterui. He was smart at tactics, and once defeated the government force. However, second time around he surrendered. Tamuramaro was one of commanders of the punitive force. After Aterui was captured, he was sent to Nara (the central government). Tamuramaro became a governor of Isawa Castle asked for saving Aterui’s life, but the government was afraid of Aterui, so he was executed.

Front-Line Bases 城柵-Jyosaku in Tohoku

胆沢城There are many ruins of bases in Tohoku area. There is Taga Castle in Sendai. Isawa Castle was built after Taga Castle. Shiwa Castle in Morioka, and northeast one is Tanzawa which is 50 km north from Isawa Castle. Those castle are not famous, but historically very important to understand how Yamato Dynasty gained supremacy over north Honshu. Where the native people went? Some says the natives escaped to north island Hokkaido and settled. May be Ainu (natives in Hokkaido) people are offsprings of Tohoku natives.

Chinjyufu Hachimangu Shrine was there since Isawa Castle

鎮守府八幡宮Chinjyufu Hachimangu Shrine is located in the north-east of Isawa Castle. This shrine would had been built as a guardian of the castle. It moving that this shrine was here when the castle was here. When Passing through the torii, the shrine filled in refreshing atmosphere.

Access to Isawa Castle from Tokyo

水沢駅From Tokyo take a shinkansen to “Ichinoseki” transfer to JR Tohokuhonsen desten to Morioka and then get off at Mizusawa. Take a bus to “県南免許センター kennan menkyo center” then get off the bus at “八幡神社前 hachiman ninja mae”.

オススメの本、雑誌

  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?
  • 図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    図解 戦国史 大名勢力マップ 詳細版 (歴史)

    戦国時代100年を地図を使って時系列で図解。年代順による全国の戦国・守護大名の勢力範囲を中心に国人衆を地図で網羅!より詳細に解説しています。 家系図・人物相関図に大小30以上に及ぶ合戦も図解しています。
  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。