臼杵城

海に浮かぶ海城だった大友宗麟の牙城 臼杵城

大友氏の栄枯盛衰 大友氏が大分府内の大友氏館(臼杵城から北西方面に約30キロ)から臼杵城に拠点を移したのは、1557~1561年(具体的に時期を断定する資料はない)とされています。大友氏館は地形的にも平たんな土地にあり、 […]

蛸地蔵パワーハンパない!タコに護られた岸和田城

古城から新城(今の岸和田城)の場所にいつ移ったかはわかっていませんが、岸和田市のサイトによると、信濃氏の頃には、新城の二の丸の位置に城があったとあり、当時の主曲輪(現在の二の丸)には海が間近に迫っていて、辺りには葦原が広 […]

箕輪城からの眺め

名君長野業正の居城であった箕輪城。堀と曲輪をめぐり高台から眺める景色は絶景!《日本100名城》

箕輪城といえば、武田信玄の攻撃をたびたび跳ね返した名君長野業正(ながのなりまさ)の城として有名です。業正の死後、長野氏は武田氏に敗北し、箕輪城は、武田氏の支配下となります。武田氏時代、真田信繁の祖父真田幸隆が城代に任じら […]

松本城 天守閣

なんでそんなに低いのか?武田の縄張りに聳える五層の天守がアンバランスで美しい松本城《日本100名城》

松本城は、連日観光客でにぎわう人気の観光地ですが、その要因としては、その写真映りの良さと、駅から坂道を登らずフラットに行けるアクセスの良さではないでしょうか。普通、お城というのは、防御の観点からアクセスが悪くて見て回るに […]

沼田城鐘楼

関東では唯一だった五層の天守閣がそびえていた沼田城!それが仇になったのか?真田氏の悲運と城の破却

沼田城は利根川、薄根川、片品川によって浸食されてできた河岸段丘の地形を利用して築城された崖端城です。戦国時代に沼田景泰(ぬまたかげやす)によって築城され、上杉氏、武田氏、北条氏が北上州の拠点として争奪し合った要衝でした。 […]

1ページ中3件目