武田信玄出生の地 武田の中世山城の姿を今にとどめる要害山城

要害山城

要害山城は、山梨県甲府市にあった武田氏の山城です。武田信虎が1519年に新しい拠点として平時に政務をとる躑躅ヶ崎館と、有事に籠る詰めの城として要害山城を築城しました。1520年に今川氏の武将福島正成が甲斐へ侵攻しました。当時身重であった信虎の正室大井夫人は要害山城に避難し後の武田信玄をここで出産しました。

要害山城へは本数の少ないバスで積翠寺まで

要害山 看板要害山城へは甲府駅からバスに乗り、要害山の北側山麓にある積翠寺にて降車、登山口までは15分程度です。といえば、結構近い気がしますが、訪問時は真夏で炎天下、結構急な坂道を上るので、まぁまぁ消耗しました。相川にかかる橋を渡り登山口に到達。ここには、要害山城の看板があります。城跡の看板としては結構情報が少ないほうですね、、、しかも、武田の城。

夏の訪問では遺構が見えにくい、、、

要害山 竪堀登山口からは普通の山登りになります。そこまで距離はないですが、やはり真夏なので暑くてきついという感じでした。途中、竪堀、土塁などの小さな看板がありましたが、解説の看板などは無かったです。夏なので、下草がボーボーで竪堀なども目視では確認できず、、、わからない(汗)

要害山 石積み草に埋もれた石積み

要害山城 門跡
要害山城 門跡

武田不動中腹で開けた広めのエリアに出ます。麓の看板によると武田不動です。不動明王の石像があります。

富士山が望める主郭に到着!

要害山 富士山ここから、少し登ると主郭に到着。天気がいいと富士山が見られます。

要害山 主郭 武田信玄出生の地主郭には東郷平八郎の書による「武田信玄公誕生の地」の石碑があります。「身重で山登り??!!きつすぎるでしょ?」と思ったら、麓の積翠寺で出産したという説もあるそうです。そちらのほうが現実的な気がしますね。

要害山城 主郭の土塁
要害山城 主郭の土塁

要害山城訪問まとめ

要害山麓から市街地を眺める

今回、真夏に訪問してしまったためによく遺構が見られませんでした。要害山を訪問された方のレポートを拝見すると石垣などの写真を載せられているので、葉が落ちた冬であれば、見どころに満ちた山城なのだと思います。ぜひ冬に再訪したいものです。(執筆現在は、12月、、、行こうかな~)

出典

オススメの本、雑誌

  • 続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    続日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ特別編集)

    城めぐりファン待望の「続日本100名城」の公式ガイドブックが、 切り離して持ち運べる「スタンプ帳」つきで、遂に登場! 各城のデータ、主な遺構、見どころのほかに、歴史と縄張も詳細解説。 巻頭には、続日本100名城と一緒に日本100名城も掲載した地域別マップほか、要塞や山城、天守、石垣についての特集も充実。
  • 武田信玄 謎解き散歩 (新人物文庫)

    武田信玄 謎解き散歩 (新人物文庫)

    「軍神」上杉謙信と互角に渡り合い、「魔王」織田信長を恐れさせ、「神君」徳川家康を死の直前まで追い詰めた男―。後世に語り継がれる信玄の活躍ぶりは、まさに「戦国の巨人」と呼ぶにふさわしい。しかし、実際の信玄は果たして伝説が語るような人物だったのか?本書では残された文書や逸話、史跡などから信玄という人間の本当の姿を解き明かそうと試みている。ふるさと山梨をはじめ、「甲斐の虎」が残した足跡をたどりながら、数々の信玄伝説の真相をもとめて訪ね歩く。
  • 太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ

    近藤太一は、真田幸村や徳川家康に憧れる生粋の戦国マニア。彼の夢は、戦国時代にタイムスリップして、その時代を満喫することであった。そんな彼は、ある日突然、目の前に現れた怪しげな少女の呪術により、念願の戦国時代へと転生する。しかし、その転生先は…悲劇のラストプリンス、豊臣秀頼であった!時は「関ヶ原の戦い」のわずか一ヵ月前。まだ7歳の秀頼は、没落の運命にある豊臣家を立て直すことができるのか!?

お城データ

 
お城名
要害山城(ようがいやまじょう)
お城別名
要害城、積翠山城、積翠寺城
概要
標高770mの要害山に武田信玄の父・信虎が築いた城で、山中には土塁や石垣、竪堀跡などの遺構が残っている。
主な城主
武田信虎
所在地
山梨県甲府市上積翠寺町
アクセス
甲府駅北口からバス15分・積翠寺下車、徒歩15分
オフィシャルサイト