真田家因縁の山城、リベンジマッチで取り返した長野の戸石城

戸石城山の景色

戸石城は長野県上田市にある東太郎山に海野氏(真田家の前身)によって築かれた戦国時代の山城です。西側にある神川を上ると千曲川。そして、そのまま上れば甲斐に至る戦略的な要の立地にありました。1541年に甲斐の武田氏と信濃の村上氏、諏訪氏らの連合軍に敗退し海野棟綱、真田幸隆(幸村の祖父)らは上野国に逃れました。その後、戸石城は村上氏の居城となりました。いつからか、米山城、砥石城、本城、桝形城の4城全体を戸石城と指すようになったようです。

戸石城米山城

1549年、武田信玄は村上氏が上杉と通じたとして、戸石城を攻めますが記録的な大敗退をきします。これがかの有名な戸石崩れです。その後、武田氏配下に入った真田幸隆が1551年に調略により戸石城を攻略し、旧領であった真田郷を与えられました。戸石城付近には真田本城、真田氏館、真田家のお墓がある長谷寺など真田氏ゆかりの場所が沢山あります。

戸石城は上田駅からバスですぐ!

戸石城伊勢山バス停上田駅から真田行きのバスに乗って、伊勢山バス停下車。登山口までは徒歩10分ほどです。

戸石城なめんなよ戸石城の登り口には「なめんなよ」って書いていますw。なめた格好で登る人が多いのでしょうね〜。

戸石城ロープ

途中は急な傾斜になっているところがあって握って登れるようにロープが渡してあるところがあります。

戸石城階段

その先に急な階段があります。ここからの眺めが最高過ぎて、高所の恐怖にさらされます。砥石城と米山(こめやま)城はロープがあって登りやすく管理されていますが、ここから出るとサポート対象外らしく普通の山城のようになります。結構急な下り坂なので気をつけて降りてくださいね。

砥石城本丸

砥石城の曲輪

砥石城本丸からの眺め

今回はお天気も良くて、良い眺めを楽しめましたよ〜

起死回生の出世城

戸石城門

戸石城の攻略は真田幸隆が武田陣営内で出世するための大きな足がかりになったと考えられます。なんたって、親方様が大失敗した後に、お城を乗っ取りで無血開城なんてかっこ良過ぎるじゃありませんか。真田氏は真田昌幸(幸村の父)の頃には信玄の弟と同じくらいの知行を稼ぐ身分にまで出生しました。武田氏滅亡後は、上田の領主となって徳川軍を二度はね除けています。真田信之(幸村の兄)と袂を違えてからの第二次上田合戦では、戸石城には幸村が布陣、信之が攻略を命じられるも幸村は戦わずに逃走したという逸話が残ります。

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
戸石城(といしじょう)
お城別名
砥石城
概要
東太郎山の尾根上に築かれた山城。
主な城主
村上義清、真田幸隆、真田昌幸
所在地
長野県上田市住吉
アクセス
上田バス 伊勢山駅下車