中世山城の最高傑作のひとつと言われる謎多き「杉山城」

杉山城

杉山城は、築城の歴史など謎に包まれている、埼玉県比企にあるコンパクトな山城です。近年の発掘調査で15世紀末から16世紀前半の城であったことが判明しました。当時、この地域でしのぎを削っていた、山内上杉氏が扇谷上杉氏との抗争のために築かれたと推測されています。発掘調査は部分的にしか行われておらず、詳しいことはわかっていませんが、戦のための急ごしらえの支城であったと推定されています。

縄張り図(杉山城に設置されている看板から抜粋)
縄張り図(杉山城に設置されている看板から抜粋)

マップ1:杉山城のアプローチ

杉山城の縄張り図1杉山城はよく整備されていて、麓の通りにわかりやすい看板が設置されています。ここから、急な坂を登ると、もともと、お城の一部だったと思われる積善寺の脇を通って大手口へ向かいます。ここの坂はより一層きつくなり、杉山城の大手口に到着します。

01entrance
1.杉山城の大手道の入り口
02sukimakara
2.積善寺からチラッと見える山肌
03shuzenji
3.積善寺の右手から大手口へ

マップ2:外曲輪から大手口にかけて

杉山城の縄張り図2まず、待ち受けている曲輪は「外曲輪」で、ちょっとした広場のように開けた場所になります。そこから、段々になっている曲輪を眺めることができます。大手口の右側にある小さな曲輪と堀は、見張り櫓などがあったのかと連想させます。その反対側には深いカギ型の堀があります。大手口から、山の比高差を利用し、曲輪と堀を細かく配置しています。急ごしらえのお城の割に、かなり几帳面に丁寧に造られている土のお城です。

04oteguchikaramiageru
4.外曲輪から大手口方面を見上げます。
05sotoguruwatodeguruwano
5.大手口の右側にもうけられた小さな曲輪と堀

06oteguchihidarinohori
6.大手口左側の鍵形の堀


07sotoguruwanishikurank
7.大手口左側の鍵形の堀、違う角度から

南二の曲輪と東曲輪
8.南二の曲輪と東曲輪
09sotoguruwakita
9.外曲輪の北側を見下ろす
10sirokitagawa
10.杉山城の北側の側面

11minamisannokuruwatoumadashiguruwanodobashi
11.南三の曲輪と馬出曲輪をつなぐ土橋

マップ3:杉山城中央部は見どころ満載

杉山城の縄張り図4土塁と堀がよく残っていて、整備もされている曲輪には見どころがたくさんあります。堀の各所が”W”型になっていて本当に丁寧な作りです。Wになっているのは、攻めてくる敵を横から攻撃できる横矢がかりの機能を持たせたためでしょうか。

12minamisannokuruwanominaminohori
12.南三の曲輪の南側の堀
13minamisannnokuruwatoninokuruwanoaidanohori
13.南三の曲輪と二の曲輪の間にある堀
14minaminitosotoguruwanoaida
14.南二の曲輪と外曲輪の間の堀
15honmaruhokutoumen
15.本丸の北東面

杉山城の縄張り図4本丸に近づくと標高も高くなって眺めもよくなります。もっとも守りが固い本丸の周囲には深い堀が張り巡らされています。

16idoguruwakaranonagam
16.井戸曲輪からの眺め
17obiguruwakaramitahonnguruwa
17.帯曲輪からみた本曲輪
18honguruwanosekihi
18.本曲輪の石碑
19honguruwanishigwanohori
19.本曲輪西側の堀
20idoato
20.お井戸跡

廃城の際に再利用されないよう井戸を大きな石で潰したために、石が置いてあるそうです。近年石を動かして元の井戸の姿に戻そうとしたそうですが、重機がないと動かせないと言われたそうで、そのままになっているそうです。

マップ4:東と北側はちょっと大雑把な印象

杉山城の縄張り図5北側の曲輪は他の場所と違って若干大雑把になっています。地図の23番に当たる斜面は山の斜面がそのままになっています。工事途中で戦が終了したのでしょうかね?

21higashisannokuruwa
21.東三の曲輪
22kitasannokuruwanohori
22.北三の曲輪の堀
23kitasannokuruwanonishinosyamen
23.北三の曲輪の西の斜面

杉山城まとめ

杉山城は小さいながら、とても丁寧な城づくりがされていて見ごたえのあるお城でした。この杉山城は縄張りの精巧さから、北条の山城だろうと推測されていましたが、部分的な発掘調査の成果により北条氏がこの地を支配していた頃より60年ほど古い1500年前後の山城だと判明しました。当時のこの地で抗争をしていたのは山内上杉氏と扇谷上杉氏でした。1520年ごろに書かれた、古文書「足利高基書状写」(古河公方・足利高基の手紙)に山内上杉憲房という人物の陣所としてと書かれていることから、山内上杉憲房が築城したのではないかという見解もありますが、縄張りの特徴からそれは違うとする見解もあります。これだけの遺構が残っていながら築城主も判明していないわけですから、中世の城郭ファンを魅了してやまないわけです。答えは、今後の発掘調査で明らかになるかもしれませんね。

オススメの本、雑誌

  • 「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城取り」の軍事学―築城者の視点から考える戦国の城

    「城は山城から平城へと発展した」、「城は領内統治のための権威の象徴」、「城は単純で小さな形態から複雑で巨大なものへと進化する」…。こうした通説を、民間学とした発展した「縄張り」分析の手法と、軍事学の視点をもって打破する。そこに現れるのは、戦争という「一回性の状況」を映し出した千差万別の個性ある城たちであった。
  • 首都圏発 戦国の城の歩きかた

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城の本場は首都圏だった!? 城好きも知らない“名城"21を徹底紹介! お城といえば、姫路城や彦根城、熊本城など、西日本が本場と思っている人も多いはず。戦国時代の土の城の場合、全国に個性豊かな城があり、中でも関東や甲信越といった「東国」は面白い城の宝庫なのです。この本では特に、公共交通機関で行きやすく、公園化または遊歩道が整備されていて歩きやすく、かつ土の城の基本から戦いの仕組みもばっちりわかる、見応え十分な城ばかりを集めました。 土の城の歩きかたがわかれば、もっと楽しくなる! すぐ近くにある土の城で戦国時代を「体感」してみませんか?
  • 図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    図解 戦国の城がいちばんよくわかる本

    大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の著者が指南する「土の城」初の入門書! 写真、イラスト満載、ビギナーにわかりやすく、城好きにもなるほどの一冊。
    「戦国の城」と聞いて、皆さんはどのような姿を想像しますか? 戦国時代には、日本中のあちこちに、実にたくさんの城が築かれました。でも、それらの城は土でできていて、天守のような立派な建物も、高く積み上げられた石垣もありません。実は、土づくりの城には、敵をふせぐための工夫が、さまざまにこらされていました。それもそのはず。なにせ、いつ敵が攻めてくるともしれない戦国乱世、武将たちが命がけで築き、しがみついていた城なのですから。そうした工夫の跡は、いまも地面のデコボコとして残っています。そして、それをたどってゆくことによって、武将たちのいじましく、ときに切ないまでの懸命さが、400年、500年の歳月をへて、見る者に伝わってくるのです。最近では武将に興味をもって、その足跡をたどる中で、城を訪ねる人も増えてきました。そうした戦国史ファンの皆さんだって、いま自分の訪ねている城が、どういうしくみで敵をふせごうとしているのかわかったほうが、史跡めぐりが楽しくなるにちがいありません。さあ、天守も石垣もない戦国の城の世界に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

お城データ

 
お城名
杉山城(すぎやまじょう)
お城別名
初雁城
概要
鎌倉街道からほど近い丘陵に築城された、およそ10の曲輪を持つ山城。国指定史跡。
所在地
埼玉県比企郡嵐山町
アクセス
武蔵嵐山駅から徒歩30分

コメントを残す